【応用編:18きっぷは家族旅行に使える?】


もちろん,使えます。

家族だと行き帰りは必ず一緒だし,むしろ使いやすいくらいだと思います。


 

ただ,スーパーお得な青春18きっぷですが,正直,個人的には,

小学生以下のお子さんがいる場合はあまり向いていないかな,と思います。

 

まず,青春18きっぷには子供料金の設定がありません。

大人でも子供でも,1回の利用は最安で2370円です。

JRの場合,小学生以下の子供料金はほぼ大人の半額ですから,

子どもの場合は1回の利用で大人の倍,4740円分使わなければ実質マイナス,

ということになります。

JRの乗車券で4740円分って,結構な距離です。


 

JR東日本・東海・西日本の場合,幹線なら141160キロが片道2590円のライン。

東京駅から静岡県の富士駅までがこの料金なので,この距離を往復すればペイできます。

大阪駅からなら岐阜県の大垣駅までが同じくらいの距離で,所要時間は3時間弱です。

1日でペイできない金額ではありませんが,

ぎりぎりちょっと得するくらいだとあまり旨味を感じませんよね。


 

また,お子さんの場合,年齢によっては,長時間電車に乗っているのが苦痛だったり,

急にトイレに行きたくなって困ったりすることもあるでしょう。

場合によっては座れないこともありますから,

値段的なお得分以上にストレスになることもあり得ます。

 

中学生以上なら大人料金になるし,体力的にも大人と変わらなくなってくるし,

いろいろ,我慢したり行動を計算したりすることもできるようになってくると思うので,

青春18きっぷでの旅も楽しめるようになると思いますが。


 

例えば,夫婦+中学生の子供1人+小学生の子供1人だったら,

1回あたりの料金をペイできる金額の平均をとれば,

 

  2370×3(大人料金3人分)+4740(子供料金)÷4=2965

 

なので,往復3000円以上,まあ4000円くらい使えればお得感が高いかな,と思います。

 

ただ,どんなに近距離でも乗り降り自由なのが青春18きっぷの良さなので,

比較的近場で乗り降りを繰り返したり,

都市圏をあちこち回ったりするようなタイプの旅には向いていると思います。

 

ただし,全員で一緒に改札を出入りしなければならないので,迷子には十分注意してくださいね^^



△青春18きっぷで旅しよう!TOPへ   ▲HOMEへ