2010年7月24日:ひまわり・B級グルメ・地ビール@岡山

■土曜/青春18きっぷ利用/二人旅

たまには人のプランに乗っかってみる

いつも圧倒的に1人か,旦那さんとの二人旅が多い私ですが,

この時は数少ない鉄道好きの友達と,二人で青春18きっぷを使ってお出かけしました。

この友人の名前を,仮に「Kさん」とします。


行き先は,Kさんにおまかせしました。


Kさんは,あまりメジャーでないけど面白いぷち観光地をセレクトするのがとてもうまいんです。

行先は,比較的行きやすく,見どころも多い岡山方面に決定。


それでも,倉敷や高梁などの有名どころに行かないところがKさんの面白いところ。


「はばタンひまわり号」に乗っちゃった

早朝6時前に家を出て,大阪でKさんと待ち合わせ。
7
時過ぎの電車に乗って,向かった先は兵庫県・佐用。
2009
年に大きな水害に見舞われたところです。

こちらではちょうどひまわり祭りの真っ最中

乗った電車が何かのトラブルで少し遅れてしまったため予定の電車に乗れず,
次の臨時電車に乗ったのですが,その電車というのが

コレ


黄色いカラーリングも眩しい,「はばタンひまわり号」!

「はばタン」っていうのは兵庫県のマスコットです。
国体開催時のマスコットだそうなので,電車にはこんなはばタンも


すみません。
うっかりはばタンで一人盛り上がってしまいました


でも,記念乗車券もらったり,外では写真撮ってる人がいたりで,

思いがけず楽しかったです♪

ひまわり満喫!

さて,最初の目的地は,佐用町のひまわり祭り。

佐用の1つ手前の播磨徳久駅で降り,シャトルバスに乗ります。
バスで10分足らずで会場に到着。

ひまわり畑は休耕田を利用して作られているので,
低い位置にあることもあり,最初に見た印象は,
「あれ,思ってたより小さい
だったのですが,
実際近くで見てみると,ものすごい数の向日葵です。



特に,一部の畑では,世界の各種の向日葵を栽培していて,
畑に降りてまじかにみることができます。

スタンダードなひまわりから,あまり見かけないような変わったひまわりも。


赤いひまわりもあるんですね。
右下のはとても繊細な色合いです。


こうやって,ひとつひとつ見ていると,
かなり広くて,見ごたえあります。
素敵なひまわり畑でした

会場では,ご当地バーガーとか,お菓子やアイスも売っています。

ひまわりクッキーとひまわりアイスをいただきました。

(超ぼけぼけなんですが…)
ひまわりアイスは,こりこりしたひまわりの種がおいしー

暑かったので,休憩所でしばし涼んで,
帰りのシャトルバスの乗り込み,再び播磨徳久の駅へ。
そこから佐用に向かいました。


有名B級グルメ「ホルモン焼きうどん」


播磨徳久の駅です。
山の方に伸びていく線路がい〜い雰囲気ですなあ〜…

播磨徳久から佐用までは1駅。
のんびりくつろぐ暇もなく,あっという間に着いてしまいます。

佐用での目的は,当地グルメの「ホルモン焼きうどん」。
これは結構有名ですよね。

街中にはいくつも焼うどんを出すお店があります。


最初はお店でいただくつもりだったのですが,
結構お店が混んでいたので,持ち帰りにしてもらい,
駅前のベンチでささっといただきました。
野菜と,いろんなホルモンがたっぷり
(うーん,写真撮り忘れた)
味はソースではなく,和風ダシだったと思います。
意外とあっさりしてて美味しかったです。

炎天下の中でしたが,焼きそばの塩分が嬉しい。

駅ランチにしたのが正解で,電車の時間には余裕をもってホームに行けました。

そして佐用から更に西・津山に向かいます。


シメは津山で地ビールフェスタ

この時乗った路線が姫新(きしん)線ですが,
佐用を出てしばらくの区間,山の中というか森の中というか林の中というか,
とにかく緑の中を走るのですが,
これが列車としては超低速なんです。

もしかして,獣対策なのかな?なんて話していたのですが…
確かに猿なり鹿なりが飛び出してもおかしくなさそうな緑の中。

一見,赤く錆びた廃線のような単線のレールを走る列車は,
鄙びているけどすんごい味わいがありますね〜

ある駅で,大きなアブ(らしき虫)が車内に飛び込んできたりとか。
ああ,田舎の路線だわ〜っていう感じが^^;
ちなみにアブ(らしき)は,勇猛果敢なおば様が,退治してくださいました。
蜂じゃなくてよかったよ…

さて,そうこうしているうちに,津山到着。

津山は出雲街道沿いにいくつも古い町家が残る町。

街道沿いにぶらぶら歩いて,町家見物したり,
おみやげ物を買ったり。

暑い日でも,町家の中はクーラーなしでもひんやりです。
昔の建築物の工夫はすごいな〜と思います。

4時過ぎには駅近くの商店街へ。

ここでは,7月中旬=8月上旬の週末に地ビールフェスタを開催しているのです。

私はあまり飲めないし,時間も無いので
二人とも一杯ずつ,楽しみました。

しかし,飲んでいる最中,雷とともに滝のような雨が

アーケードの中にいてさえ,どこからが降り込んでくる雨。
ちょっと驚きでした。

しかしこの雨も,ぼちぼち帰りの電車,という頃には落ち着いて。
駅までの帰り道には虹を見ることができました!

帰りもなかなかの長旅でしたが,
順調に座ることができ,無事にゆっくり帰ることができました

本当に,笑ってしゃべっての楽しい旅でした

たまには人にプランニングしてもらうと,自分では絶対気づかないようなところにいけるので,
楽しいです。


小さな観光地をいくつも探して繋いでくれた,Kさんに感謝♪



〔通常のJR運賃(参考)〕京都→播磨徳久:3020円,播磨徳久→佐用:190円,佐用→津山:760円,津山→岡山:1140円,岡山→京都:3670円,合計8780円(価格は2015年時)

〔最遠地までの乗車距離〕217q


△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ