2012年2月:JR西の「旅プラン」で赤穂の牡蠣三昧

■平日/JR西日本「旅プラン」(乗車券+昼食)/二人旅

たまにはツアーも楽しんでみる

普段はお得きっぷを使ったセルフプランの旅が中心ですが,

珍しく企画旅行に乗っかってみました。

今回は,JR西日本の「駅プラン」を利用して,
赤穂で牡蠣たっぷりの昼食と温泉を楽しむ旅をしてきました

お世話になったのは赤穂温泉の銀波荘さん。
赤穂御崎の,ばーんと海に面して立地するお宿です。


ぷりぷりの牡蠣♪


さて当日。

京都駅から朝9時の新快速に乗車し,11時過ぎに播州赤穂に到着。



駅には旅館の送迎バスが待っていましたが,これが満員!(マイクロバスだけど)

結構お客さんは多かったようですが,
私たちは個室のプランをお願いしていたので,
お部屋でゆっくりとお料理をいただくことができました^^



こちらがまず最初のセッティング。
これにお造りもついています。



葉っぱの向こうに隠れてますが,ちゃんと牡蠣もあります。
あぶり牡蠣でした。



渡り蟹,牡蠣のヨーグルト和え(正式名称違うかも
このヨーグルト和えが初めての味でしたが美味しかった〜





定番,牡蠣鍋。ぷりぷりの牡蠣が本当に美味し〜




こちらは牡蠣の葱味噌焼き。
こちらも夫婦二人して唸った一品。

他にも,定番・牡蠣フライや牡蠣の炊き込みご飯,
牡蠣礒部煮とか牡蠣のお好み焼きなんかもあって,
その名の通り牡蠣三昧!

ぷりぷりの大きな牡蠣をたっぷり堪能しました(*^・^*)

家では牡蠣って,せいぜいお鍋に入れるくらいだし,
頑張って料理してもちっちゃく縮んじゃったりするし,
いまいち美味しく料理できないので,
美味しい牡蠣をたっぷり食べれて嬉しかった〜

お腹いっぱい牡蠣をいただいた後は温泉へ!


大展望の露天風呂へ

このお宿は温泉自慢。
2010
年に大リニューアルをして,
バーンと海に面した温泉を作られたのです。

実は私,2007年にもこの銀波荘さんを,
日帰り入浴で利用させて頂いているのです。

この時は,実はちょっと残念な思いをしていまして

その時の詳細はこちらです。
この時はあえて旅館名を伏せましたが,
実はHPで見たお風呂と,実際のお風呂が随分差があって(-_-;)
きちんと最初にカウンターで説明して下さったし,
女風呂は展望が悪いことが多いので,
致し方ないことなのですが,ちょっと残念だったのです。

ですが!

一昨年リニューアルしたお風呂は,本当に
すごい!
さすがに写真は撮れなかったので,こちらのHPをどうぞ。

今回は「看板に偽りアリ」なんてことはなく,
このまんまの,海に向かって思い切り開けたお風呂でした!!

広くて,綺麗で,見事な眺望で本当に気持ちがいい!

日帰り入浴のお客さんも多かったようですが,
ホント,入浴しにくる価値があります。

泉質は,含弱放射能−カルシウム・ナトリウム塩化物強塩低温泉だそうです。

そして,露天風呂は源泉100%みたいです。
源泉の湯温は低いので,加温はしていると思いますが,
加水なし,とのことで,茶色く濁ったお湯でした。

入っているとちょっと傷のあるところがひりひりしたりして,
塩分高めなのかな〜という気がしました。

内湯は,ちゃんと確認しなかったのですが,
無色透明のお湯だったので,
源泉そのものではないようで,露天に比べてちょっとぬるめ。

でも,内湯といっても,
海に向かってさえぎる物なく開けているので,
感覚的にはこちらも露天風呂です。
下の岩場も覗けます。
多分,天候などによって,
仕切りを開閉できるのではないかと思うのですが

本当に素敵な温泉でした(^o^)

牡蠣も美味しかったし温泉も素晴らしかったし,
過去のちょっと残念だった記憶はすっかり払拭されました^^



大時計にびっくり

お宿での時間はこれで終了。
再び送迎バスに乗って,ひとまず赤穂駅へ戻ります。

まだ帰るには早いよね,ということで,少し市内をぶらぶらしました。

私は一度来たことがあるので,案内係で。
赤穂城跡まで旦那さんをご案内しました。

おみやげは,「やっぱり赤穂は塩でしょ」ということで,
塩味饅頭に粗塩,調理用塩と塩三昧^^

ぼちぼち帰ろうか,と駅に向かって歩き出したとき,
ちょうど目の前の大きな時計が鳴り始めました。



「義士あんどん」と書かれたこの時計,からくり時計になっていて,
真ん中の観音扉が開いて人形芝居が始まり,義士の物語を簡単に説明してくれます。



これはいわゆる「松の廊下」の刃傷場面。

この後,討ち入り場面では,
さらなる驚きの(?)からくりが展開されるわけですが,
それは見てのお楽しみ,ということで^^

帰りは播州赤穂駅始発の新快速に乗るので,
京都まで快適に座って帰れました。

二人とも寝不足だったので,爆睡^^;

でも最初から最後まで乗り換えなしで座って帰れるのはいいですね。
おかげで安心して爆睡できました。

たまにはこういうお任せの旅もいいもんですね。
(でもまた自分で一からプラン練るんですけどね)



△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ