2013年3月10日:郡上八幡は意外なユーモアの町

■日曜/青春18きっぷ+一日郡上八幡クーポン利用/二人旅

一度乗ってみたかった,長良川鉄道

岐阜県の郡上八幡は,「奥美濃の小京都」と称される城下町です。

郡上八幡へは,岐阜県のJR美濃太田駅からさらに
長良川鉄道に乗り換えます。

長良川鉄道は,美濃太田から北濃まで
岐阜県を北上する私鉄です。
梅山以降,終点の北濃まで,かなりの距離を
ほぼ長良川に沿って走っているので,
随所で川沿いの絶景が楽しめる,素敵な鉄道です。
前から気になっていて,ぜひ乗ってみたいと思っていましたわーい(嬉しい顔)

京都を800出発の新快速に乗り,
米原,岐阜に乗り換えて,JR美濃太田駅には1053に到着。
隣接する長良川鉄道の駅へ向かい,1135の電車を待ちます。
乗り降り自由でお得な「
一日郡上八幡クーポン」を買って,
ホームで待つ私たちの元に入ってきた電車は


目にも鮮やかな「信長の野望号」
(゜゜)


ゲーム「信長の野望」とタイアップしているのですね。

電車内もかなり派手です


どこかでパフォーマンスがあるのか,
武将コスプレのスタッフさんも電車に乗っていました。

電車の装飾はさておき。

この電車は「ゆら〜り眺めて清流列車」でもあり,
沿線の見所ポイントでは減速して景色を楽しませてくれます。

長良川を右に左に見ながら走る列車は,
なかなか見所がたっぷり。


お天気がいまいちだったのが残念でしたが,
晴天だと綺麗でしょうね〜


郡上八幡には1259に到着しました。


郡上八幡観光開始!の前に…


昔懐かしいようなホームですね。
ちょっとタイムスリップしたような気持ちになります。
駅舎も渋い。


駅は町の中心地からは少し外れているので,
駅からはコミュニティバスで中心地へ移動します。

13
12のバスに乗り,約10分で町の中心街・城下町プラザ前に到着。

まずはとりあえずランチタイムにしました。

郡上八幡では、どうやらうなぎが美味しいらしいということで、
ここは地元の美味しいものをいただくことに。

「ぐるなび」で下調べした
吉田屋美濃錦さんで,
ちょっと贅沢して、旦那さんはうな重,私はひつまぶしを


普段私が食べる蒲焼きと比べると,とっても香ばしかったです。
と言っても,固いわけじゃありません。
焼き方・焼き加減に工夫があるのでしょうね。
タレもしっとり上品なお味で美味しかったです。

こちらは,郡上や美濃の食材にこだわったお店ということで,
土地のものを丁寧に調理したお料理をいただけるというのは
風水旅行的にも嬉しいですよね^^
HP
を見ていただいてもわかるのですが,
「焼き立て」にも非常にこだわったお店です。

さあ,食事の後はいよいよ観光です!



郡上八幡城は曝笑必至

さて散策タイムでは,まず郡上八幡城を見学しようと
お城の方に向かいました。

途中で,こんな水場を発見


郡上八幡は水の町なんですよね。
あちこちに,美味しい水が飲めるところがあるようです。

そうそう,水の町らしくぷりちーなマンホールも。



お城は高台にあるので,結構登ります。
でも、頑張って登ったかいあって、お城からの眺望はバッチリ。


郡上八幡の街が気持ちよく見渡せます。


お城は,明治に一度,石垣を残して取り壊されていて,
現在のお城は昭和初期に再建されたものだそう。
でも,白亜の品のあるお城で,なかなか味があります。

郡上八幡は、数年前のNHK大河ドラマで仲間由紀恵さんが演じた
「功名が辻」のヒロイン・千代の出身地と言われてるそうで、
城内の展示は戦国時代や千代に関するものが中心でした。

千代の金言集みたいなのもあって、これがなかなか面白い。
「夫は上手におだてて暗示にかけるべし」とか^_^;
旦那さんと二人,大うけ

また、城内にはひな人形風のお人形で色んな場面が表現されているのですが、
これも面白いんです。

皆さん宴会中。お料理に注目。
(「人柱およし伝説」って,かなり悲劇なんですけど^^;)


カレーとかステーキ食べてるし^^;


女官さん,大ジョッキガンガンいってるし…


ミニチュアサイズのお料理が精巧なんですよねー


ちょ,ちょっとあんた!それアカンでしょ!!\(◎o◎)/

(お札で女性を口説く男シュール


小学生が遠足で来そうなお城でこれってどう?と思わなくもないけど^^;
こういう遊び心は個人的に好き

他にも,大勢でスノボしてたりとか。
何か工事?みたいなことしてたりとか。

なんだかね,いろいろとっても,ユーモアがあるんですよ。
普通,お城の展示って,そのお城のやら土地の歴史を
生真面目〜に説明したり収蔵品を展示して終わり,なんだけど。
もちろんそういう真面目な展示もあるんだけど,
こういう面白い展示って,すごく印象に残りますよね。
「これなに?」って,すっごく細かく見ちゃうし。
まさかお城見学で爆笑できるとは思いませんでした。


こちらはぜひぜひ,さら〜っと眺めて終わり,なんてもったいないことはせず,
じっくりひとつひとつ見て行って欲しいと思います^^


飾りつき見出しサンプル

お城を降りたら再び街中散策。


飛騨牛の串焼。やっぱり牛は押さえておかないと!

そしてぶらぶら歩いて郡上八幡博覧館へ。

郡上八幡の歴史や風土、産業、習俗を見ることができます。
ここでは郡上おどりの実演もありますが、
残念ながら私たちが着いた時には終わっていました。

ここにもお人形劇場がいろいろあって,
サッカースタジアムなんか,
サッカー(蹴鞠か?)している選手とスタンドで応援している客,
お人形がびっしりでかなりの力作でした!

郡上八幡名物の食品サンプルもあるし

お人形の宴会メニューが多彩だったのはこのせいですね。

お土産物屋さんも併設されていて,
お土産のお菓子や帰宅後のおつまみなどを買いました。

それから電車の時間まで,街中をぶらぶら。

酒屋さんで地酒を試飲させてもらったり。
試飲させていただいたお酒とは違うけど,
大吟醸酒の原酒を購入致しました。
500
mlで2900円という,結構なお値段のお酒でしたが,
これがめちゃめちゃ美味い!!


良いお水が出るところはやはり良いお酒ができますね。
(実は良く見ると下呂市のお酒だったりするのですが^^;)

そしてお水と言えば,
「日本の名水100選」の栄えある第一号「宗祇水」も。



博覧館をみてもわかるんですが,
街中を流れる水や湧水が,今も暮らしに生きている町なんですね。

そして城下町プラザでお土産を追加したり,
食品サンプルのお店を見たりしつつ。
帰りはバスに乗り損ねたので,歩いて駅に向かいました。
歩いても20分くらいで駅に到着できました。

思っていたより見所が多くて,残念ながら時間が足りませんでした。
もうちょっとゆっくりしたかった〜

帰りは郡上八幡1716発に乗りましたが,ちょっと寄り道を。

17
40着「みなみ子宝温泉駅」で下車しました。


飾りつき見出しサンプル

この駅,名前からして温泉が近いのはおわかりでしょうが,
近いも近い,なんと駅併設の温泉があるのです!

「改札を抜けると,そこは温泉だった」

というか,温泉施設に駅がくっついている,という感じ。
(実は改札すら無い。駅直結温泉)


正直,駅併設ってことであまり期待していなかったんだけど,
なかなか広くてきれいで,設備も良い温泉でした。

お風呂は,内湯の他に,広い露天風呂があります。
湯舟は檜のお風呂と岩風呂の2つ。
この露天風呂,なかなか普通の女風呂にはない開放感。
そこらから見えるんじゃないかとちょっと心配になるくらいの開放感。
(いや,塀はちゃんとあるんですよ)
でも,よくある「空しか見えない露天風呂」に比べると
あまり体感できない広々空間で気分良いです。

泉質はアルカリ性単純泉ということで,
そんなに印象に残るお湯ではなかったけれど,
駅からのこの距離の近さというのは,電車族には嬉しい限り^^

次の電車まで1時間半ほどあったので,
ゆっくり楽しむことができました

駅併設だけに,電車の時間ぎりぎりまでロビーでゆっくりできます^^

温泉の利用者は多かったのに,
やってきた電車に乗ったのは私たちだけでした。
ほとんどの方(地元の方?)は車でご利用のよう。
まあ,電車の本数は多くはないし,乗車賃もかかるので
車の方が便利ですよね。
でも,長良川鉄道利用者は,本来利用料大人500円のところ,
入湯税50円だけで入れます。
(電車を降りる際に降車証明書をいただきます)
立ち寄り湯には最高の立地なので,
長良川鉄道利用の際にはぜひ

19
11発の電車に乗車し,

電車を見に出て来た女の子たちに見送られながら
温泉駅を後にしました。

美濃太田駅には2009着。

そしてJRで来た道を戻ります。

岐阜で乗り換えようと思っていた電車が強風の影響で運休するというアクシデントがあり,
帰り着く時間が予定より1時間ほど遅れたものの,
どうにかその日中には京都にたどり着くことが出来ました。

岐阜までは案外すんなりいけるんだけど,その先はちょっと一苦労。
でもその苦労をする甲斐が十分ある旅でした。

やっぱり時間は足りなかったですね^^;

とにかくお城が面白かったし。
郡上八幡,半日は欲しい。
1日ゆっくりして,あちこち見尽くしてみたい気もする町です。

〔通常のJR運賃(参考)〕
京都⇔美濃太田:5180

〔通常の長良川鉄道の運賃(参考)〕美濃太田→郡上八幡:1350円,郡上八幡→みなみ子宝温泉:630円,みなみ子宝温泉→美濃太田:1030円,合計3010

                           (価格はいずれも2015年時)

〔最遠地までの乗車距離〕約192q