2013年3月30日:東海道線を東に一直線,静岡へ

■平日/青春18きっぷ利用/一人旅

まずは家康終焉の地へ

青春18きっぷでの旅にも慣れてくると,

日帰り旅行の距離がどんどん伸びていくんですよねー


この日は静岡駅まで行き,久能山東照宮へ参拝。

そして日本平を眺めて日帰り温泉に入る予定。


朝は4時起きの早朝出発。

京都駅549発の電車に乗り,まずは米原へ。

しかしこの後は,米原からなんと浜松まで,乗り換えなしの便。
座ってしまえばこっちのもの,あとはラクチン。


米原に656に到着し,707発の電車に乗車。
電車内ではすっかり爆睡してしまい,
ちょっと楽しみにしていた「車窓からの浜名湖」も見られずじまい(>_<)

そして浜松には948着,3分乗換の951発の静岡行に乗車。

そして1101,京都を出発して5時間ちょっとで,静岡に到着しました。

静岡に到着したら,南口バス乗り場に移動。
ここから,1135発の久能山下行のバスに乗ります。
30
分ほど時間があったので,駅のショップを見たり,駅前地図を眺めたり。

バスは結構混んでいました。
ぎりぎりみんな座れるくらい。
見るからに地元の人,という感じの人以外はみなさん,
久能山下まで乗っておられました。
本数自体がとても少ないバスですから,
どうしても集中してしまうんですよね。

意外にも住宅街の細い道をくねくね走って,
30分で久能山下に到着しました。

いよいよ参道入り口から,
久能山東照宮に続く長い階段を登ります!

の前に。

着いて初めて知ったんですが,このあたりって,いちご農園があったりして,
いちごの産地なんですね。
パックのいちごはもちろん,いちごジュースとか,こんなばら売りいちごとかあるんです。
(これは石段登り始めてすぐのところにある売店のもの)

 (1個100円!でも大きい!)

バラ売りいちご1個お買い上げ。
その場で美味しくいただきました甘かった〜〜るんるん
ほんとは1パック買って帰りたかったけど
さすがに後の行程を考えて,パス。

さあ,覚悟を決めて石段を登り始めます。
長いといっても,階段は一段一段がとっても低いので,
1159
段とはいえ,それほど苦痛じゃありませんでした。



ぶっちゃけ,和歌山県新宮市の神倉神社の538段の石段の方が
はるかにしんどいです^^;
(あちらは一段の高さが「階段」のレベルを超えてますから)


ある意味とても上品な造りで,

江戸を開いた最高権力者ならではの贅沢さなのかもしれません。

山の海沿い側斜面にしつらえられた階段なので,
登るごとにどんどん景色が良くなっていきます。


駿河湾を眺めつつ。
すげ〜気持ちいい〜〜〜!


山登りとかで慣れているせいもあるんでしょうが,
結構あっさり東照宮に到着できました。

東照宮も結構参拝客が多かったですが,時間には余裕があるので,
人の流れに逆らわず,のんびり歩きます。

楼門をくぐり。


鳥居をくぐって,拝殿への順路を歩きます。

当たり前のことなんですが,灯篭や水瓶など,
何を見ても「葵の御紋」が入っているのが関西人には物珍しい。


徳川家っていうのはやっぱり関東の勢力なんだと実感。
それにしても,将軍によって紋のデザインが微妙に違うんですね〜


ぐるっと回廊に沿い,回廊横の入り口から入って拝殿前へ。

拝殿でしっかりお参りしてきました。

拝殿周りは,なるほど「東照宮ね」というゴージャスな装飾。


なんとなくこういうものにも「関東風」を感じてしまう関西人。

拝殿からさらに上へ上がって,
「徳川家康公が埋葬された場所」にあるという神廟まで行き,
手を合わせました。

印象として,やっぱり関西人は秀吉,もしくは信長びいきの人が
多いような気がするんだけど,
関東の人は家康びいきの人が多いんでしょうか?

なぜか,アウェー感満載のパワスポだったんですよね^^;
皇居や明治神宮ではそんな感じしなかったのに。何ででしょ??

家康公は,駿河湾の見える小高い山の上に眠りたかったのでしょうか。
自分が天下統一した国を眺め続けたいとは思わなかったのかな?

ああでも,神廟が西向きに建てられているっていうのは,
西方に対して危機感があったんでしょうか?
結局維新は西から起こりましたもんね。

まあ単なる様式で全然関係ないような気もするけど^^;

はー,しかし。
眺めは本当にステキで,とても気持ちの良いところでした。

なんだかんだで登り始めてから1時間くらいいて,
本日2つめの目的地に向かうため,
ロープウェイ乗り場に向かいました。


日本平で桜えびづくし

久能山東照宮からのロープウェイも,やっぱり結構な人。

でも,待ったのはほぼロープウェイ1本分くらいでした。

若干閉所恐怖症気味なので,実はロープウェイは苦手^^;
MRIとかCTとか,かなりコワイです

はやく着いて〜と内心そわそわしつつ。
でも眺めは綺麗でした。

5
分ほどで日本平に到着です。

この日はちょっと曇り気味。
午前中はまだ晴れてたんだけど,
午後から曇り空になってしまって,全体的に霞がかっていました。

のんびり歩いて,まずは展望台へ。



眺めは確かに爽快で,風と一緒に空を飛んでいるよう。

でも目当ての富士山はもやってて見えず(-_-;)

しかしここは気を取り直して,ご飯を食べることに。

レストランは何箇所かあるんですが,私は日本平の真ん中あたりにある,
河崎家さんで「桜えび御膳C」をいただきました。

もう,見事に桜えび尽くし。
桜えびのかき揚げ,生桜えび,桜えびの釜揚げ,干し桜えび,
桜えびオンザ湯豆腐



多分,今まで生きてきて食べた桜えびの総量以上を
この1回で食べたのではないか…と思うくらい。

ほんと,もう桜えびはお腹いっぱいな気分だったんですが。
今改めて写真を見ると,また食べたくなる不思議(笑)
かき揚げが美味しかったですね〜
何もつけなくても味がついてるし,サクサクで。

さて,お昼をたっぷりいただいたら,
日本平をぶらぶらします。

とはいえ,徒歩ではあまり行けるところもなかったので,
お店でお買い物を楽しみました。
ここはやっぱりいちごでしょ,ってことで,いちご味のものとか。
やっぱり静岡だしお茶押さえとかないとね,ってことで,
お茶会館でお店の人お薦めのお茶を買ったり。

ひととおり買い物を済ませて,もう一度展望台に行きましたが,
残念ながらやっぱり富士山は見えず

心残りながらも,バスの時間となったので,下山しました。
これはもう,いつか絶対リベンジしないと!



駅近辺でぶらぶらと

この後は,予定では東静岡駅近く日帰り入浴施設に行くはずでしたが,
週末のせいか道路が混んでいてバスが遅れて時間がなくなり,温泉はパス。
空いた時間は東静岡駅近くをぶらぶらしてました。

この辺りは大規模な再開発地域となっているらしく。
駅自体も新しいのですが,複合文化施設があったり,
真新しい高層マンションや建築中のマンションがあったり。

ちょっと買いたいものがあったので,
駅から見えたショッピングセンターにいってみたのですが

むむ,ショッピングセンターが!



これも建築中でした…

オープン間近



結局,東静岡駅周辺では買い物できそうなところは見あたらず,
周辺をぶらぶらしただけでした^^;
でもまたこういう予想外も旅の面白ささー

そして電車にのって静岡駅で下車。

帰りの予定の電車まで1時間ちょっとあったので,ここでお買い物をしました。

自分用に名刺入れと,旦那さんへビールを買って。
無事,帰りの電車に乗ることができました。

最初は,静岡まではさすがに遠いだろ,と思っていたけど,
調べてみると,さすが東海道線は接続が良いんですよね。
思ったより静岡でゆっくり過ごせました。

どんどん青春18きっぷで遠方に足を伸ばしている私^^;
次は大井川鉄道に乗りたいな〜とか,野望はどんどん膨らんでゆくのです。

 

〔通常のJR運賃(参考)〕京都→静岡:5620円,東静岡→静岡:140円,静岡→京都:5620円,合計11380円(価格は2015年時)

〔最遠地までの乗車距離〕336q

 

△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ