2013年6月16日:びわこ京阪奈線フリーきっぷで近江鉄道満喫

■日曜/びわこ京阪奈線フリーきっぷ利用/一人旅

まずは近江八幡から


びわこ京阪奈線フリーきっぷ」は,
近江鉄道と信楽高原鉄道が全線乗り放題になるお得きっぷです。


価格は大人1030円,子供520円で,利用は土日祝限定。


近江鉄道の米原・彦根・高宮・八日市・日野・貴生川・近江八幡の各駅と, 
信楽高原鐵道の信楽駅で発売されています。


このチケットを使って,主に近江鉄道をたっぷり回る旅をしてきました。


行きはまずJRで近江八幡駅へ。
8
36に近江八幡に到着。

そこから近江鉄道に乗り換えました。
駅の窓口で「京阪奈線フリーきっぷ」を購入し,
ホームで待つ844発の電車に乗り込みます。
まずは844発の米原行に乗って北上し,932高宮駅に到着。

ここで乗り換えて,936発の多賀大社行に乗りました。

多賀大社は,いつ行っても心地よく過ごせる,
個人的にも大好きなパワースポットです。
電車で行こうと思えば近江鉄道必須ですから,
今回はまず最初にプランに組み入れました^^


駅前の鳥居。
いつもながら威風堂々。
雲を従え,気持ち良いです^^

駅近くの駐車場ではあじさいが満開

ぶらぶら歩いて,多賀大社に到着。


もちろん,太鼓橋も渡りました

拝殿で手を合わせると,何だかすごく心地良い気が。
あ〜気持ちいいよ〜もっとここにいたいよ〜
と思ったけど,他の参拝客の方もいらっしゃるので,
ほどほどで場所を空けて。

社務所でおみくじをいただいたら


大吉!
しかもなんと素敵なパープルカラー
ありがたくいただいてまいりました。

いつも心地良い時間をありがとうございます。



彦根へ帽子を買いに

そして駅に戻り,今度は彦根へ。

本当は米原まで行って,近江鉄道全線制覇したかったんですが,
帽子を買いに行きたかったんで,お店の多そうな彦根にしました。

この日はほんと暑くて
なのにうっかり帽子を忘れてきてしまって(>_<)
電車に乗ってる時間も長いし,もういいかな,
とも思ったんだけど,後で買いたいと思っても買えるかどうかわからないし。


彦根が生んだひこにゃんなのか,
ひこにゃんの街,彦根なのか。
いたるところにひこにゃん。ひこにゃん一色。

お店といっても街なかはよくわからないので,
とりあえずてっとり早く駅前の平和堂へ。
つばが広めの帽子を買って,
ついでに食事も6階のレストランですませました。

早めの腹ごしらえをすませて,
ちょこっとだけ彦根城近辺をお散歩。

といってもお堀の周りくらいですが…
お城って基本的に広いから,本気で見ようと思うと時間がかかるし。


ほどほどで切り上げて,再び近江鉄道の彦根駅へ。


美麗な小学校を見学

再度近江鉄道に乗り,次に向かった先は,
高宮と八日市の間にある駅・豊郷。

実は今回一番行ってみたかったのがここ。
駅から徒歩10分ほどのところには,この街のシンボルでもある,
豊郷小学校旧校舎があるのです。


どうですか,この白亜の建物!
写真テクのない私でもそこそこ綺麗に撮れるフォトジェニックぶり!
ちょっと小学校(しかも戦前建築)とは思えない建物ですよね。

この建物は,アメリカ人建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズが設計したもの。
彼は大学の建築なども多く手掛けていて,
関西にも同志社大学や関西学院大学,神戸女学院大,などたくさんあるのですが,
高名な建築家のデザインによる公立小学校,というのもまた,

とても珍しいものではないかと思います。


これは1937年(昭和12年)に建築されたものだそうで,
老朽化のため一度は取り壊しが決定したものが,
地元の反対で撤回・保護が決定し,今に至ります。
現在は小学校としては使われておらず,修築されて,地元の公共施設として,
一般に公開・利用されています。
映画の撮影にも使われたりしています。

そして何よりも,人気アニメ「けいおん!」の舞台となっている
学校のモデルということでファンに認知されており,
「聖地」としても人気スポットになっているそうです。
街中にも「聖地」と書いたのぼりがあちこちに立てられています。
(全然そっち方面は興味のない私としては,ちょっと恥ずかしかった^^;)
街も「けいおん!」を使って積極的にアピールしていて,
校舎の中ではバンド練習に使えるスペースもありました。

中も無料で見学できます。

本当に,昭和戦前の建物とは思えないモダンな建物。
もちろん修築されているから,というのもありますが,
外観だけでなく中も本当に雰囲気があるんですよ。


長い,まっすぐな廊下(こちらは2階です)。
白い壁と天井,茶色の扉のコントラストがレトロです。

階段の手すりにはこんなブロンズ像が。

ごぞんじ,ウサギとカメ。

一階の手すりでは仲良く(?)並んでいたふたり
しかし,踊り場には


踊り場の手すりで眠る油断しまくったウサギ,
そして前にはわき目も振らず手すりを登る亀の姿が!

3階には,やりきった感満載で,窓の外を眺める亀。



このウサギとカメ,いったいどれくらいの子どもたちに
撫でられてきたんでしょうね。

アプローチには噴水。しかも魚。


資料室もあって,小学校の歴史を知ることができます。

これは学校建設当時のミニチュア。


下の門から入り,アプローチの左右両側は農園だったそうです(現在は駐車場)。

白亜の建物の建物・本館の向こうには,
テニスコート2面,トラック1面をもつ大きなグラウンド。
右端の黒い四角はプールです。
広いですよね

現在は,新築された現在の豊郷小学校が,
この本館の裏のグラウンド部分に建っています。

いや,本当に素敵な建物でした!
これを取り壊すなんてもったいないこと,本当にしなくてよかった!!
ここを見ることができたこと,歩くことができたことに感謝です。

校舎には他にも見学に来ている人がちらほら。
オタクさんらしき人もいれば,子供連れも。
駐車場には大阪ナンバーなどの車も停まっていました。
あちこちから人が集まってくるんですね。

なかなか「ついで」には行きにくいところだけど,
一見の価値ありますよ。

そして小学校を後にして,本日最後の目的地へ。


信楽で狸にご挨拶

豊郷から貴生川まで行き,貴生川で信楽高原鉄道に乗り換えて,
狸に会いに,じゃなくて,焼き物を買いに,信楽へ。

貴生川までの道中は,山の中を走ったり,ひろびろ田園風景を走ったり。
田舎を走るローカル線満喫。

でも,近江鉄道って,すごく揺れるんですよね^^;
揺れに弱い人は,ちょっと要注意かも

さて,信楽に到着したら,やっぱり彼にご挨拶。

駅前の巨大たぬきでんわ。

駅前のお店に始まって,ぶらぶらお店を覗きます。
煮物なんかを入れられる,ちょっと深めのお皿が欲しいなあと思っていたけど,
いまいち気に入ったものが見つからず。
でも手ぶらで帰るのももったいないので,小さな平皿を買いました。


お醤油や薬味を入れるのに使います。

そして5時前には駅に戻り,帰りの電車に乗りました。
気持ち的にはもうちょっとゆっくりしたかったけど,
何といっても店が閉まってしまうのですよね,5時頃で^^;


びわこ京阪奈線フリーきっぷ,ばっちり使った旅でした。
近江鉄道も,乗ったことのない路線にも乗れたので,
本当にたっぷり味わえました(^^)

時間はかかるのであちこちはいけないけど,
のんびりゆったり時間が流れるような旅でした。
次は秋ごろに行けたらいいな〜
また違った車窓の風景が楽しめそうです。


〔通常の乗車料金(参考)〕近江八幡→多賀大社前:700円,多賀大社前→彦根:290円,彦根→豊郷:410円,豊郷→貴生川:890円,貴生川→信楽:460円,信楽→貴生川:460円,合計3210円(価格は2015年時)


△電車族の旅 TOPへ
  ▲HOMEへ