2013年7月27日:スルッとKANSAIエリアをちょこっと越えて五條まで

■土曜/スルッとKANSAI3daysチケット利用/一人旅

奈良散歩へ

7月下旬はものすご〜く仕事に追われた私。

その疲れとストレスを発散するにはお出かけ!
しかも温泉!!!

というわけで。

奈良県の南の温泉に浸かりにいってきました

スルッとKANSAIdaysチケットを使うので,
温泉だけじゃなく,寄り道もしてみようということで。

まずは橿原神宮を目指しました。

ここは境内がすこーんと広くて,開放的で,
気持ちがおおらかになる大好きなスポットのひとつです。


ほんとにここは門の前からのぞくと
境内の中が光り輝いているようにみえます。
いつ来ても心地良い不思議スポット。

ゆ〜っくり歩いて、休憩して、運気吸収。
この日は時間があったので、池の方にも行って、
ぐるっと回ってきました。
蓮も咲いていて,いい感じ。

まったり過ごして気持ちが落ち着いてから,駅へ。

再び近鉄橿原神宮前駅にて、向かったのは吉野線。
吉野口駅からJRに乗り換えます。
ここは乗り換えがタイトで前回は失敗したのですが、
今回はスルッとKANSAI3daysチケットが使えるギリギリの範囲の
壺阪山駅で一度途中下車して切符を買って乗ったので、
吉野口でのロスはありませんでした。


…という説明ではわかりにくいかもしれませんね。


吉野口駅は,近鉄電車とJRを,改札を出ることなく乗り継げます。

一部,同じホームも使っています。


ですが,JR線の方が,スルッとKANSAIのような磁気カードや,

PiTaPaのようなICカードに対応していないので,

これらを使用している場合は,一度改札を出てそこまでの料金を精算し,

JRのチケットを購入する必要があるのです。


前にも一度この駅でJRに乗り換えたのですが,
その時はPiTaPaを使っていたため,一度改札で精算して,

チケットを購入し再度入場するのに手間取ってしまい,

さらにホームを間違えたため,乗継予定の電車に乗りそこねた…


ということがありました。


その乗継のロスを避けるために,壺阪山で乗車券を買いました。
普通の乗車券を持っていれば,JR線の下車の際に精算してもらえるので,

吉野口で改札を出てチケットを買う手間が省けます。


待ち時間はプチ発見タイム

閑話休題。

ちょっと時間があったので壺阪山駅周りをお散歩。


なかなかレトロな街並みです。

ここは,「四神」の壁画で有名なキトラ古墳のあるところ。
なが〜い歴史のある町なのです。


こんな気になる路地裏があったりして。


その向こうには


青空と田園が広がる,のどかな土地。

 

駅近くの喫茶店の前にいた「 せんとくん」。
真夏だというのに完全防寒装備^^;
涼しい顔で着こなすのはさすが。
冷え性ですか,なんていうのは野暮ですね。


美味しくて心地良い五條

さてJRに乗り換えて、降り立ったのは大和二見駅。

ちなみにスルッとKANSAI3daysチケットのエリア外からここまでの料金は,

近鉄の壺阪山→吉野口230円,JRの吉野口→大和二見240円,合計470円でした。

(いずれも2015年2月現在)


ここは20131月に来てお気に入りになった温泉があるのです。

だけどとりあえずはお昼の時間ということで、
前回と同じフレンチのお店に行ったのですが、
残念ながら満席とのことで入れず。

仕方ないのでお店を探しつつ、街並みを眺めつつ、
ぶらぶら旧紀州街道の新町通りを散策。

今回は吉野川の方にも出てみました。

河原にある太くて短い梯子みたいなものは水位計です。
こんな水位計で測らないといけないくらい,
水位があがってしまうことがあるってことですよね。
自然の猛威の恐ろしさをここでも感じます。

さあ,再び新町通りに戻ります。
このあたりは古い家並みが残っていて、
実現されなかった鉄道跡などもあったりして、
寂れているようなどこか懐かしいような、
不思議な空気の漂う街です。

なかには重要文化財指定を受けている、
江戸時代建築の古民家もあるのですが、
驚いたことに、今も人が住んでいるのだそうです。
江戸時代の初期も初期,なんと1607年築だとか。
400
年以上住み続けることのできる家,ってすごい。
多分,重要文化財となっては,うっかり改築もできず,
維持するのも大変だと思いますが,
長く存続させて欲しいと願ってしまうお家です。

さてその家が面している道路の対面に,
やっぱり古い店構えのお醤油屋さんがあったので、覗いてみました。

ナカコ将油
さん。
お味見させていただいたらとても美味しかったので、
だし醤油と昆布醤油をいただきました。


荷物が重くなるので,一番小さな瓶ですが,
もっと大きなのも欲しかったな

そこから,JRに並走している国道24号線を
二見駅方向にもどり、温泉へ向かいました。

温泉はリバーサイドホテルさんの金剛の湯。
ホテルの施設ではありますが、
敷地内に独立して立っているので利用しやすいです。

結局ここまでに食事のできるところがみつからなかったので,
ホテルの和食レストラン「花ふぶき」を利用することにしました。

しかしこれが,当たりぴかぴか(新しい)

こちらが季節限定セットメニューのおしながきです。


セットメニューって,メインが違うだけであとは
ご飯,お味噌汁,小鉢,香の物は一緒ってことも多いと思うんですが,
こちらはセットによって小鉢や副菜もいろいろで。

迷った末,普段自分では作らない「アジフライ」が食べられる
「ほおずき」にしました。

左側のセットに,揚げたてのアジフライのサルサソースがついています。

いや〜,美味しかった!

カルパッチョやサラダなんかはイタリアンぽくておしゃれだし,
何よりアジフライ,全く骨っけがなく,サクサク軽くてソースも美味しい!
庶民的イメージのアジフライが立派なごちそうです!
ほんとに美味しかった!


しっかりお料理を楽しんだあとは,いよいよ温泉。

前回来た時も,「泉質いいな〜」と思った温泉ですが,
ちょっとトロっと黄色味がかったお湯が気持ちいい!
源泉掛け流しではないですが,100%温泉水,とのこと。
ナトリウム−塩化物炭酸水素温泉だそうです。

特に露天風呂がお気に入りで,
ぬるめのところを探してじっくり浸かってきました。

ここは自分の定番温泉にしたくらい,好みの温泉です。
ちょっと旅行気分が味わえる距離,泉質,価格,すべてがいい感じ。
今回でお料理も期待できることがわかったので,
さらに楽しみが増えました
一度このホテル自体に泊まってみたいです!

自分の成分が3分の1くらい温泉成分になったんじゃないかと思うくらい浸かって,
汗が引くようにゆっくり目に身支度をして,金剛の湯を後にしました。

後はもう,帰るだけ,なんですが…
まだスルッとKANSAI3daysチケットを使い倒した気がしない私は,
吉野口駅から近鉄に乗り換え,さらに近鉄奈良駅に向かいます。

ちょうどこの時が奈良駅近辺の東大寺や興福寺などがライトアップをやっていたんです。
あまり時間がなかったけど,ぶらぶら散策してみました。

こちらが東大寺。


他にも写真は撮ったんですが,ライトアップの写真は難しい^^;

ライトアップしているとはいえ暗いし,そんなに人もいないし,
観光地とはいえ周囲はお寺や神社ばっかりなので,なかなか怖くて^^;
あまりうろうろする勇気もなかったので,
そこそこに切り上げて帰りました。


でも,一日奈良堪能したな〜と満足満足♪

△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ