2013年8月11日:マリンライナーで海を越えて琴平へ

■日曜/青春18きっぷ利用/二人旅

マリンライナー初体験

青春18きっぷで西に行くことは多かったけど,まだ海を越えたことはありませんでした。

旦那さんが四国にいったことがないということもあり,

香川県の金毘羅宮に行くことにしました。

夜勤明けの旦那さんの帰りを待って,729京都駅発の新快速でまずは岡山に向かいます。
10
39岡山到着,1053発のマリンライナーに乗り換えて,いよいよ四国へ!

マリンライナー,ごく普通の新快速なんかと同種の車両だと思うんだけど

瀬戸大橋を渡るというだけで,むっちゃテンション上がりますね

丸亀駅を出て,いよいよ瀬戸大橋にかかると
眼下に見える海に思わず「下,海や〜〜!」と,当たり前のことを口走る興奮ぶり(笑)


下を巨大タンカーが通って行って,めっちゃ迫力!!

めちゃちゃ気分良かったです


あっという間に瀬戸内海を渡り切ってしまい,
四国に上陸して1134坂出に到着。

1138発の予讃線に乗り換えて,1212に琴平に到着しました!

意外と遠くない,四国!

琴平駅はレトロでかわいい感じ。

かわいい鬼(?)もお出迎え。


「観光客に親切に」っていうのは鬼への戒めでしょうか^^

さてさて,観光案内マップに従って,金毘羅宮へ向かいます。
途中で見かけた,日本一の高燈籠。



夜に見てみたい。迫力ありそう

駅や途中の道ではそんなに人はいなかったのに,
金毘羅宮の参道までいくと,結構な人!


猛暑の中,みなさん,どこから湧いて,いえ,ごくろう様です。

さて私たちもいざ金刀比羅宮へ!


いざ金刀比羅宮へ

いよいよ,金刀比羅宮への785段の石段を登ります!


二人で登山したりもするので,体力的にはそんなに不安でもなかったんですが,
とにかく暑い!!!

ので,なるべく無理せずゆっくり登ります。

でも,少し登ると,やっぱりお山の中なので,
吹き抜ける風が気持ちがいい
時々休憩をいれつつ,順調に登ります。


それほど疲れていたわけでもないのですが,
途中の資生堂パーラー「神椿」でお茶することに。

帰りに寄り道したいところが色々あったので,
先に一息入れておこうと思って。

参道の,しかも結構山の上の方にあるとは思えない,
おしゃれで素敵な店内でした。
トイレの設備もとても良く,掃除も行き届いてました!
そうそう,洗面台に香水のムエットが置いてあったりして。
さすが資生堂!って感じでした。

こちらで私は神椿パフェを,旦那さんはクリームソーダを。
冷たい物が嬉しくて,すぐにがっついてしまったので,
写真は撮り損ねました^^;

クリームソーダがレモン味だったんですよね。
普通メロン(緑色)じゃないですか?珍しい。

一息ついて,涼んで体力回復して,また登り始めます。

神椿から本殿までは,それほどかかりませんでした。

最後の急な石段を登って


本殿前に到着です!!


広々,風のとおりも良く,見晴らしもいい!
登り切った〜っていう達成感もあるので,
ほんとに気持ちがよかったです

お参りをして,おみくじを引いて。
お守りもしっかりいただきました。

奥宮にも行ってみたい気はしましたが,
あまり時間に余裕もないし,体力も温存したかったので,
見送りました。

でも,奥宮,ご神気ありそうだったな〜

ゆっくり階段を下りて,表書院で屏風絵を鑑賞。
二人して,円山応挙の虎の間がお気に入りに。
だって可愛いんですよ〜〜虎が^^
丸顔で手足が太短くて。ちょっと怖い顔のマンチカンみたい。

うーん,でもすごいですな〜
こんな屏風のある部屋では,寝られないでしょうね^^;

表書院を後にして,今度は高橋由一館へ。

日本で最初の「洋画家」と言われる高橋由一氏。
あまり作品はたくさん残っていないのかな?

でも,江戸〜明治期の絵とは思えないような,
何と言うか,新しい感じ。
神社に美術館って,面白いですね。
涼しいし静かだし,気持ち良く鑑賞できました。

さて,のんびり石段を降りたらそろそろお腹が空きましたので。
ここは絶対!!讃岐うどんでしょう!ということで。

参道の中の一軒に入ります。

私はしょうゆうどん,旦那さんは天ぷらうどんを。

讃岐うどんを讃岐で食べるのは初めてだったんですけど,
さすがコシがあってつるつるで,美味しかったです!
シンプルに麺を味わうのがいい感じですね^^
帰りにしっかりお土産も買いました

さて,お参りも済ませ,うどんも食べて,
旦那さんはしっかり地ビールもキープして。

ぼちぼち駅に戻ることに。

18
きっぷなので,帰りも快速のマリンライナーに乗るのですが,
確実に座って帰りたいので,いったん高松まで出ることに。

なので早めに琴平を出て,高松駅に向かう電車に乗りました。


瀬戸内海に落ちる夕日を見る

さて高松について,乗る予定のマリンライナーまでは1時間くらいあるのですが,
どこかに行くのはちょっと中途半端。

なので,駅近くのスーパー・エースワンに行ってみました。

こういうところだと,お土産屋とはまた違う,
地元オンリーのお菓子や食品に出会えたりするんですよね^^

みてみると,あるある,地元の調味料や乾麺,ドリンク。
単価が安いもんだから,調子に乗って,
あれこれあれこれカゴにポイポイ^^;

最終的に結構な金額になっててびっくりしたけど,
普通にお土産物屋さんで買うより安いし,
バラエティーも豊富なので,大満足。

マリンライナーは1810発ですが,確実に座りたいので,
まだ30分くらい時間はありましたが,早めに駅へ。

と思いきや,ホームにはすでにマリンライナーの姿が!

急いで乗り込みましたが,さすがに乗客はまだ少なく,
目当ての席を余裕でゲット。

実は,この時間帯,ちょうど日没の頃に瀬戸大橋を通るので,
瀬戸内海に落ちる夕陽を見たい!ということで,
絶対西側の席をキープしたかったんです(*^_^*)

余裕で席はゲットできたので,スーパーで買ったお寿司をつまんだり,
ドリンクを飲んだり,すっかりリラックスモード

そんな余裕な私たちとは裏腹に,出発時刻が迫るとどんどん人が乗ってきました。
座席は全部埋まって,立っている人もほどほどに。

うん,早く並んで大正解!(飲食もさっさと済ませて大正解)

そしていよいよ発車時間。
坂出を越えて,瀬戸大橋に向かう頃には,いい感じで西日が傾いていました。


本当にいいタイミングで,夕日をしっかり楽しむことができました。


四国まで,時間はかかるけど,快速に乗れたら快適だし,とてもいい旅でした。


〔通常のJR運賃(参考)〕
京都→琴平:5270円,琴平→高松:850円,高松→京都:5270円,合計11390円(価格は2015年時)

〔最遠地までの乗車距離〕293q

 


△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ