2013年10月12・13日:ついに行ってしまったよ東京(を越えて埼玉)まで

■土曜・日曜/秋の鉄道パス利用/一人旅

禁断の京都→東京

気がつけばやたら青春18きっぷ等のお得きっぷで旅している私ですので

電車に乗ること自体が好き,と思われているような気がしないでもないですが,

実のところ,電車自体が好き,っていうわけでもなかったりします。


 

私は車に乗れない(免許を持っていない)ので必然的に電車が多くなりますが,

旅においては,「旅先での滞在時間が充実していること」がまず一番です。


 

また,お得きっぷは「お得に使ってなんぼ」と思っているので,

日帰りで効率よく使うのが一番だとも思っています。


一日かけて延々距離を伸ばしても,目的地に着いたら真っ暗,お店も施設も閉まってて,
滞在時間に何もできない…


となると,どうもお得に使った気がしないんですよね。

 

もちろん,電車に乗ること自体が好きな方も,

出来る限り距離を伸ばすことにチャレンジしたい方もおられると思いますし,

それを否定するわけじゃないです。


楽しみ方,面白いと感じることは人それぞれ。


ただ,私にとってはそれはベストの楽しみ方じゃない,ってことです。


だから,私にとって,


「青春18きっぷで京都から東京まで行っちゃった〜」


っていうのは,ポリシーに反する使い方なんです。

(むしろ,現住地(千葉)から,東京の山手線沿線をくまなく回ってきたわ〜

っていう方がポリシーに沿っています)


ですが。


そんな私が,ついにやってしまいました。

 
京都から東京,いえ東京すらも通り越し,埼玉でも北の方,もう一息で群馬だよ〜という熊谷まで。


なぜそういうことになったかと言いますと。


私,フィギュアスケーターの安藤美姫さんのファンなんですよ。

まだ彼女がジュニアの選手だったころから応援してまして。


で,紆余曲折を経て,彼女が2013年シーズンに現役復帰を決めた。

そして,そのシーズン後引退することも発表した。


 

これまで,アイスショーは何度か見ていたけど,競技会を見たことはありませんでした。

ここ数年の空前のフィギュアスケートブームにより,
国内の競技会はチケットを取るのがとても難しくなってしまったんです。

チケット代も高いしね〜


どうしても一度競技会での安藤選手を見ておきたい。

でも,全日本選手権はチケットが取れる気がしない…


というわけで,地方の小さな一大会である関東選手権ならチケットが取れるのでは?と,

チケット発売当日にトライしたところ,チケットをゲットできまして。

 

はるばる横浜まで見に行くことになりました。


で。


 

そこでなんで「秋の鉄道パス」でちんたら行くことにしたかというと。


 

単純な話です。

お金がなくて,時間があったから(笑)


我が家は,201311月に,旦那さんの転職に合わせて,京都から千葉に引越しました。

関東選手権の時の201310月は,ちょうど引越前。

転職ったってヘッドハンティングされたわけでもなんでもないから,

引越費用は基本的に全部自分持ち。

この時点ではまだ勤務先がどこになるかわかっていなかったので,

費用の見当もつかないし,

余分な出費はちょっとでも抑えておきたい状況だったのです。

 

そして,ちょうどこのころは仕事がヒマでした。


往復「秋の鉄道パス」を使えば交通費は7500円(当時)。


前泊するとして,宿泊費を50006000円に押さえれば,

食費等もケチれば総額15000円くらいで往復できるはず。


 

試合会場は新横浜。

それでなんで熊谷で泊まることになったのかというと,

ちょうど秋の行楽シーズンの土曜日だったので,

横浜周辺や都内などのJRの駅からすぐの宿泊施設は,軒並み料金が高かった。

大体一万円前後してました。

当時は関東の地理に詳しくなかったし,あんまり怪しいところにも泊まりたくないし…


 

と,JRの駅からすぐで,1泊5000円くらいで,あんまり怪しげでなく…

JRで行く分には交通費の上乗せはないし,多少遠くてもいいから…

と探していると,いつの間にか熊谷まで北上していました^^;

 

多少は関東の地理のわかるようになった今なら,

もうちょっと違う選択をしていたと思いますが。


 

でも結局熊谷で5000円ほどのビジホを見つけて,予約することができました。



いよいよ片道10時間超の旅へ

予定では,656に京都駅を出て,熊谷到着は1721

実に10時間超の長旅です。


18きっぷの旅に慣れている私でも,これは正直キツイ。

先程も言いましたが,電車に乗っていること自体が好き,というタイプではないので,

想像するだけでゲンナリ…

18キッパーが全員「乗り鉄」というわけではないのです)


 

でしたが,それでも応援したいという愛情と,

こんな無茶な旅もちょっとオモロイかも,という好奇心で,

心を立て直して出発しました。


 

予定通り,京都駅656発の快速に乗り,806米原着。

ここではちょっと時間があったのでトイレ休憩を入れて,

825米原発の新快速に乗り,1023豊橋着。

1041豊橋発に乗り,1115浜松駅下車。

ここでも一応トイレに行っておきます。

このあとは熱海まで,乗換時間が10分ほどしかないので。

お昼ご飯を食べる時間も取れないので,

座席や駅のベンチでこそっとつまめそうなお菓子も買っておきます。


 

1129浜松出発。

1246東静岡着。ホームでちょっと伸びをしたりして身体をほぐして,

1256発の沼津行に乗車。


 

ちょっと記憶があいまいなんですが,

この辺りからロングシート地獄が始まったような気がします。


 

そう,東海道線を走るJR東海とJR東日本って,ロングシート車両が多いんですよね。

関東に移住して知りましたが,JR東日本の首都圏を走る列車はほぼロングシートじゃないでしょうか。

JR西日本の快適な新快速に慣れた身としては,かなり苦痛…

 

しかし。

富士川駅あたりで嬉しいこともありました。


 

この日はお天気が良かったのですが,

全く雲のかかっていない富士山が,どど〜んと目の前に広がったのです!!!

 

いや〜…

まだ雪もかぶっていなかったし,あまりにもクリアに見えたんで,

本当に富士山を見たのかどうか,一年くらい半信半疑でした(長い)。

なにしろリアル富士山をほとんど見たことのない,生まれも育ちも西日本な人間ですから…


 

それに。

他の乗客,全然見てないんですよね〜^^;

まあ地元の人だから慣れてますよね。毎日のように見てるしね。

吸い寄せられるようにガン見しているのは,おのぼりさんだけですよね(フン)。

 

そんなこんなで。

「え?富士山?マジで?」って動揺しているうちに,

1350沼津着。

1400発の熱海行きに乗ります。


 

「熱海」と聞くと,いよいよ関東に来たな〜!!という気がします。

(関東の人にしてみれば「いやそこはまだ東海だから」ってところなんでしょうが…)


 

1420熱海着。

 

ここでも乗換が15分あったので,おトイレにいって,

さらに一度改札を出て,駅周りをちょっとだけ散歩。

 

で,1435の東京行に乗車。

でも東京まで行かず,1517平塚で下車して,湘南新宿ラインに乗り換え。


 

この時,かなり西日が眩しくて,

何とかしてカーテンをおろせないものかと散々試行錯誤しましたが,

カーテンは設置されていないとわかり,断念(悲)。


 

この手の車両はカーテン自体が存在しないのだと後日知りました。

でも,かなり眩しかったんですよね…

夏場は暑そうだし…

 

さて,湘南新宿ラインはすごいもんで,小田原から高崎まで3時間,とか

乗り換えなしでいけるんですよね。


 

でも基本的にロングシートなんですよね^^;

小田原から高崎まで乗りっぱなしの人は珍しいかもしれませんが…

2時間以上ロングシートって,かなりツラい…


 

関西でも敦賀や米原から姫路や相生まで,約3時間走る新快速がありますが,

クロスシートの快適車両なのでそこまで苦痛じゃないんですが…


 

平塚から熊谷まで2時間ちょい…

座れはしましたが,かなりキツかったです…^^;

 

そういう人のためにグリーン車が設置されているわけですが,

なんの知識もなかったから「秋の鉄道パス」で乗れるのかもわからなかったし

(※グリーン券さえ買えば乗れます)

「ナニコレ?」って感じで,近づかないようにしてました(笑)

(多分関西人が関東に行ったときの「あるある」だと思う)

 

そして1721,ようやく熊谷に到着しました〜〜〜〜!!!


 

 

はー,それにしても,日本の鉄道,素晴らしい!!


 

どこでも遅れることなく,きっちりダイヤ通りに到着しました。

この日本の鉄道の信頼度の高さが素晴らしい!


 

でも,これも関東に住むようになってから知ったことですが,

首都圏の鉄道は結構頻繁に遅延や運転見合わせが起こるんですね。

ほんとスムーズに到着できてラッキーでした。


熊谷では駅から徒歩3分くらいのホテルをとっていたので,

とりあえずホテルにチェックインして,

駅のショッピングセンターの大戸屋で,今日初めてのまともなご飯を食べました。

 


 

翌日の試合は午後からだったので,出発は割とゆっくり目に。

試合会場では,安藤さんの演技が予想以上に安定していたことに安心し,

彼女の出番が終わってまもなく,タイムアップで会場を出ました。

できれば他の選手の演技ももっと見ていきたかったけど…

 

帰りはルート的には行きと同じだし,時刻もメモしていなかったので,端折ります。

疲れ切っていたのか,あまり記憶に残っていることもない…^^;

まあトラブルもなく,無事に帰ってきたのでした。

 

体力的には本当にきつかったけど,いい経験にはなりました。

最終的にこうやってネタになってるし(笑)

 



 

〔通常のJR運賃(参考)〕(初日)京都→熊谷:8960

2日目)熊谷→新横浜:1660円,新横浜→京都:7880円,合計9540

(いずれも価格は2015年時)

〔最遠地までの乗車距離〕588q


△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ