2014年4月26日:連休初日にいざ鎌倉(と横浜)

■土曜/休日おでかけパス利用/二人旅

まずは鎌倉

人ごみが苦手で,かつ土日が休みでない仕事をしていると,

必然的にお出かけは平日がメインになります。

 

だけどこの時はたまたま旦那さんの休みが土曜日になり,

「土曜日ならJR東日本の『休日おでかけパス』が使えるよね」ってことで,

神奈川方面にお出かけしてきました。


 

JRには大宮駅から809に乗車。

923に横浜駅に着き,そこからは鎌倉ホリデー号で鎌倉まで。


 

鶴岡八幡宮などの鎌倉のど真ん中はお正月に行ったので,
今回は鎌倉大仏を見に行きました。

(なお,鎌倉大仏まで行こうと思うと江ノ電に乗らなければならないので,

「休日おでかけパス」適用範囲外です)

鎌倉に到着したのは952でしたが,すでに駅にはかなりの観光客が。
普段平日にしか行動しないので,休日の観光地の人の多さに改めてびっくり(゜゜)

10
時ちょうどの江ノ電に乗車し3駅目の長谷で下車(1005)。
ゆっくり歩いて鎌倉大仏のある高徳院へ。

ゆるやかな坂道なんですが,今住んでいるところが平坦なところなので,
こういう道を歩くこと自体が久しぶり。

高徳院には徒歩10分ほどで到着しました。
中に入ると大仏様まではすぐでした。


穏やかな御顔立ちの大仏様。

結構人が多くて,それも外国の方が多くて。
そういえば鎌倉って世界遺産でしたね。

世界遺産と,ミシュランで星をもらった観光地は,外国人観光客が増えますね。


ひととおり見学し,駅に戻る途中で長谷寺へも立ち寄りました。

こちらは大きな観音様(十一面観音菩薩像)が御本尊ですが,
ちょうど秘仏「後立観音」も公開しておられました。


十一面観音菩薩像に比べて,後立観音像は小ぶりでしたが,

金色でもとても落ち着いた雰囲気で,品のある感じがしました。

なんと約一世紀ぶりの公開だそうです。


 

そしてこちらは,お花やお庭も有名なのですね。

藤は少し盛りを過ぎていましたが牡丹がちょうど見ごろでした。

つつじも綺麗です。

眺望の良い散策路もありました。

のんびりお庭を歩いて,弁天窟も回り。
一通りお庭を楽しんでから,
お昼前にお寺を出て,駅に向かいました。


横浜レジャーと食い倒れ

江ノ電に乗って,鎌倉駅まで戻り,今度は横浜へ。

実は本日のメインイベントは



横浜スタジアムで野球観戦です!

うちの旦那さんは生粋の大阪っ子で阪神ファン。
この日はハマスタでDeNA対阪神戦でした!

野球観戦は2年前に一度甲子園に行きました。
先日もロッテのQVCマリンフィールドに行きましたが,
観戦できませんんでしたしね^^;

今日は内野席でもかなりの後ろの方でしたが,
全体がよく見渡せて,面白かったです。

この日の試合は阪神勝利^^
周りの熱心な阪神ファンの方々も,終始陽気でご機嫌。
これが負け試合だったら,殺気立つんだろうなあ

さて,試合は5時に終了。
そして向かった先はもちろん!

横浜中華街!!

同じことを考える人がたくさんいるらしく
(というか定番コース?)
レプリカユニフォームを着た人もたくさんでした。

お腹はすいていたけれど,
ぶらぶらいろいろ見て回りたかったので,
お店には入らず,食べ歩き。
肉まんやシューマイをいただきました。

今回は時間が遅めだったので,
関帝廟へのお参りは控えました。

いろいろ食べようと楽しみにしていたのですが,
食べ歩きできるものは肉まん類などがほとんどだし,
正直,どこも同じようなラインナップだったので,
結局あまり食べずに,散策メインな感じでした^^;

そのままぶらぶら〜っと山下公園をお散歩。
ちょうど夕暮れ時で,ライトアップされた船が綺麗でした。

朝から歩き回って結構疲れたので,
7時頃には駅に向かいました。

それにしても,普段土日に行動しない私たちは,
休日の観光地の混雑具合をすっかり忘れていましたあせあせ(飛び散る汗)

今回は大宮から鎌倉までJRを使いましたが
電車がずっと混んでる区間なんですよね
特に帰りは横浜からほとんど電車の中で立っていたので,
家に帰ったらぐったり疲れていました

いっそ小田原くらいまで行っちゃうと,
帰りは座れるんでしょうけど

鎌倉や横浜は,遊びに行くのは楽しいですが,
往復の経路はちょっと考えないといけないなあと思いました。
平日は平日で通勤で混みますしね

休日おでかけパスはエリアがちょ〜っと微妙なんですよね…
このくらいだとあんまりお得にならないなあとか,
私鉄で行った方が早いし安いしなあ…とか。



 

〔通常のJR運賃(参考)〕大宮→鎌倉:1420円,鎌倉→関内:390円,関内→大宮:1080円,合計2890円(価格は2015年時)

〔最遠地までの乗車距離〕82q


△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ