2014年7月31日:房総半島の真ん中へ ―久留里線でゆく

■平日/青春18きっぷ利用/二人旅

まずは木更津

春には房総半島を内房線→外房線と回る旅をしたので,

夏には房総半島内陸部のローカル線を楽しんできました。

 

JRには柏駅から乗車。

遠方ではないので,私にしては珍しく,柏駅925の常磐線に乗車。

932新松戸着,936発の武蔵野線に乗り換えて,

959南船橋下車,1002発の京葉線快速に乗り,1019蘇我着。

そして1023発の内房線に乗り,1056木更津駅に到着しました。

本日はここからローカル線の久留里線に乗りますが,
その前に木更津駅近くで腹ごしらえを。
木更津も海が近いので,お寿司屋さんとか結構あるんですよね。

「るるぶ」や食べログで調べて,駅近くの好美寿司さんで,ランチのお寿司をいただきました。

左は私の頼んだ並のちらしずし。右は旦那さんの「一人半前」という握りと巻のお寿司のセットを。

並だしサービスランチだから,ネタに豪華さはありませんが,実は苦手なタコも柔らかくて美味しい〜
マグロも臭みがなく,イカも柔らか!
酢飯も優しい味で,美味しくいただきました(*^_^*)

開店時間の11時すぐに入ったので,お店を出たのは11時半ごろ。
久留里線の発車時刻は12:03だったので,余った時間は駅周辺をぶらぶらしてみました。

ちなみに木更津と言えば


こちらが全国的に超有名。

さて,証誠寺とは

コレ

そう,「しょ・しょ・しょうじょうじ〜しょうじょうじ〜のに〜わ〜は〜」
の証誠寺なんですね!

こちらはかなりの「たぬきの町」で。

街中にはこんなタヌキとか。

ちなみに駅前にはこんなタヌキもお出迎え。


信楽とはまた違ったたぬきの街。
なんだか楽しい気分になりますね^^

でも,証誠寺自体は,こじんまりと落ち着きのあるお寺でした。

写真は撮っていませんが,中には狸塚や童謡碑もあります。
駅から5,6分なんで,少し時間があるときにはふらっと眺めて歩くだけでも面白いかも^^

思いがけないプチ観光を楽しんで,いよいよ目的の久留里線に乗り込みます!

 

久留里の町へ

久留里(くるり)線。


可愛い名前ですよね♪

くるりせんのくるりえき。

童話に出てきそう^^

主人公のルリちゃんが,くるり線のくるり駅で降りてくるりの街をくるくる歩いているのに,
なかなか元の駅にたどり着けない
みたいな。

どことなくメルヘンチックな響きです。

今回は久留里線終点の上総亀山駅まで行く予定ですが,
木更津から上総亀山まで行く電車は本数が少ないです。

12
03木更津発は久留里駅どまり。
ここでいったん降りて,1345発の上総亀山行に乗ります。

さて,実際の久留里線は。

いたって普通のローカル線です。

今回の車両はごく一般的なJR東日本の車両。
今回は2両編成でしたが,1両のときもあるみたい。

12
時過ぎの電車に乗って,出発進行です!

で。

毎度まいど愚痴って申し訳ないんですが。
やっぱりロングシートなんですよね
いえ,さすがにもう慣れましたし,期待もしていないですけどね。

関西在住のみなさん,JR西日本の車両は快適ですよ〜
ぜひ普通電車の旅も楽しんでみてくださいね!

木更津から久留里駅までは45分ほど。
田園風景の中を気持ち良く走ります。

食後なので途中でちょっとうとうとしたりしながら,
12
49久留里駅到着。
緑が濃いなあ〜♪

こちらで1時間ほどあるので,街中を散策してみます。

駅の待合室には,あら,ここにもたぬきが!


ここは木更津市ではなく君津市なんですけどね^^;
でも「くるり線」の響きに可愛い動物は似合います。
(個人的にはリスが似合うと思うけど)

久留里は,実は名水の町なんです。
平成の名水百選に,千葉県で唯一選ばれたとか。

駅からすぐの観光交流センターの前には,
大きな水くみ広場があり,
たくさんの人が一度に水をくめるようになっています。


また,観光センターでは,500mlペットボトルが,2本150円で販売されています。



飲んだ感じ
ちょっぴり,硬水っぽい?と思いました。
なんとなく温泉を飲んだ時のような
冷たくて,美味しいですよ

街中には,無料の水くみ場がたくさんあって,
あちこちでお水をいただくことができます。
場所によっては,一般利用はされていないところもあって,
地元の方の生活に密着した水なのだとわかります。

ちなみに久留里の井戸についてはこちらのサイトがわかりやすいです。
(君津市の観光情報のサイトです)

美味しい水があれば当然,美味しいお酒もあるわけで。

酒蔵もあります

駅から徒歩圏内に,藤平酒造,吉崎酒造,森酒造店の3つ。

全部回ってみたかったけど,時間も足りないので,
藤平酒造さんで「福祝」の生酒を買いました。


高澤の水まで行って引き返し,今度は商店街へ。


このゲートからもわかるように,久留里は城下町なのです。
城下町らしく,古い建築物も残っていたり
木村屋金物店,1階は普通のお店なのに,2階はすごくものものしいですね〜

商店街といってもそんなに長くはなく,ぶらぶら歩いているうちにすぐに住宅街に。
そして,また井戸の案内板が出てきたので従ってみると,「新町の井戸」に出ました。


ざばざばと涼やかに流れています。

自分で栓を開けて汲むタイプの井戸もあるんですが,
やっぱり常時流れているところの方が,水が冷たくて気持ちがいいですね^^
暑い時には本当にありがたい。

美味しいお水と,タイムスリップしたようなちょっとレトロな街並みを楽しんで,
13
45,再び久留里線に乗り込み,上総亀山に向かいました。


終着駅:上総亀山

木更津でランチ,久留里でお水取りときて,
最後は久留里線の終着駅・上総亀山へ。


夏真っ盛りの濃い緑がすごいです。

大きく伸びた枝や葉が斜体に当たって音を立て,
緑のトンネルを潜り抜けてゆくようです。

久留里から20分たらず,1403に上総亀山に到着。


田舎の小さな集落にたつ駅という感じ。

さて。
ここからどこに行くのかといいますと。

この小さな駅から徒歩10分ほどのところに亀山湖というダム湖がありまして。
その湖畔には,亀山温泉という温泉があるのです!

ネット情報によるとなかなか個性的な温泉ということで

猛暑の中ですが,歩いて温泉に向かいます。
以前はコミュニティバスなんかもあったようですが,近年廃止になったようで,
駅からの交通手段は基本的に徒歩みたいです^^;

(宿泊のお客さんには送迎バスが出るようです)

日差しに映える緑は綺麗ですが,暑くて暑くて(-_-;)

ぼちぼち歩いていると,見えてきました。

亀山湖。

赤い橋が緑に映えますね。

ここまで来たらあと5分ほど。
赤い橋の反対側にももう一本橋がありまして。
そちらを渡ると亀山温泉はすぐです。

こちらはその橋から撮ったもの。


右手の建物が目的の亀山温泉です。

ちなみに,建物の手前には足湯がありまして。
温泉利用客じゃなくても無料で浸かれます。

浸かってみました。


ていうか,外観写真載せろよって感じですね^^;
撮り忘れました(^^ゞ
亀山温泉のHPに写真があります。

お湯に色がついているのがわかりますか?
HP
にはチョコレート色の温泉とありますが,
ほんとに濃い茶色なんですよ。
といっても,有馬温泉の金泉みたいに濁っていない。
透き通った茶色のお湯です。
茶色でも,いわゆる鉄泉じゃないんですよね。

そして,初めて知りましたが,千葉県の温泉って
基本的に冷泉なんだそうです。
地下にマグマがないので,温度が上がらないんだとか。
こちらの温泉も,源泉は30ないみたいです。

この時期,足湯は加温せず流しているそうで,
ひんやり冷たい温泉でした。
でも暑かったので,とってもいい感じ
足湯場はちゃんと屋根付きだし,
湖からの風も通るので,気持ち良かったですよ^^

さて,少し足湯を楽しんだら,いよいよ温泉へ。

平日だったこともあり,女湯は貸切状態。

ゆっくり温泉に浸かることができました。

お湯の色,チョコレートというよりも,
私はブラックコーヒーみたいだなあと思いました。
濃く入れた紅茶や,中国茶みたいでもあります。

内湯はかなり熱くて長くは入っていられませんでしたが,
上がっては水分補給(もちろん久留里の水)を繰り返し,
しっかり温泉を堪能しました。

お水はなんと500ml飲み切ってしまいました(^^ゞ

こちらは露天風呂などはありませんし,
正直設備は年季が入っている感じですが,
アメニティは充実しているし,
お客さんをもてなそうという気持ちがとても感じられます。
珍しいお湯だし,湖の景色も素敵なので,
入ってみる価値ありますよ

炭酸水素塩泉ということで,美肌の湯だそうですが,
保温効果もかなりあるような気がします。

さて,温泉を楽しんだら,ロビーで少し休憩させていただいて。

旦那さんはビール飲んだり,おみやげを買ったりして。
そしてそろそろ帰りの電車の時間ということで,
温泉を後にし,1706上総亀山発の電車で帰途につきました。

帰りの電車も久留里止まりだったので,
17
24久留里駅着でいったん下車。
もう一回お水をいただいてきました。

 

そして1737久留里発の電車で1821木更津着。

明るいうちに木更津に戻り,このあとはちょっと寄り道して,帰りました。

今回は朝も遅めで,引き上げも早めでしたが,
思ったより各地でゆっくりできて,よかったです。

木更津も久留里も亀山温泉も,
それぞれに個性があって,素敵な
ところでした。

近場でいろいろ発見があったり,旅気分を楽しめると,
なんだか得した気分になります


まだまだ知らないところがいっぱいの房総半島。

またゆっくり旅して回りたいです。

〔通常のJR運賃〕柏→木更津:1320円,木更津→久留里:410円,久留里→上総亀山:210円,上総亀山→柏:1940円,合計3880円
〔最遠地までの乗車距離〕約106q
 


△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ