2014年12月13日:富士山周りをぐるっと一周(右回り)

■土曜/青春18きっぷ利用/二人旅

今度は右回りで富士駅へ

2014年9月,青春18きっぷを使って富士山の周りをぐるっと電車で回る旅をしてきました。

そのときはお天気がいまいちで,
富士山をすっきりと見ることはできなかったので,
寒くなったらリベンジしよう!と
旦那さんと話していたのですが,
このたび無事実行してきました!

前回は身延線を甲府富士に南下したので,
今回は逆に富士甲府方向に進むことにしました。
条件的にも,富士山を綺麗に見たいのならば,
夕方よりも午前中の方が確率が高いかもと思ったので。
そしてこれが的中)

この日は晴れ予想だけど寒波到来が予想されていました。

早朝6時過ぎ,徐々に朝焼けが広がるころに家を出て,
大宮駅からJRに乗車。
湘南新宿ラインで小田原まで長時間の乗車になるので,
今回はグリーン券を購入しました。

普通列車にグリーン車があるのはJR東日本の特色ですね。
最初は,乗り心地の悪いロングシート+中途半端なボックスシートの車両を
大量に走らせていることにムカついて,
グリーン車に乗るなんてJR東日本の思うつぼだし悔しいから,
出来るだけ使わないようにしていたんですが^^;

やっぱり2時間以上ロングシートとか,きついんですよね…^^;

クロスシートで落ち着いて乗れる車両
悔しいけど有料でも乗ってもいいか

まあそのへんは置いといて。

そして肝心の富士山。
お天気も良かったけど空気も澄んでいたようで,
小田原に着く前からちょいちょい車窓からその姿を望むことができました(*^o^*)

この辺りは乗継もよいので,
とんとんとスムーズに富士駅に到着。


いよいよ富士山に最接近

富士駅1043発の身延線に乗り込みます。

身延線はJR東海の路線。
2両編成の小さな電車ですが,乗り心地の良いボックスシート

車窓からはぐんと近づいた富士山も見ることができます

山すそからはっきり見える富士山は圧巻!
白くなびいているのは,雲でしょうか,それとも雪煙?

11
02,富士宮駅に到着。

ガラス越しではない富士山とご対面です。

こまかな雪の筋まではっきり見えることに感動。

さて,ここで下車したのは,前回参拝できなかった
富士山本宮浅間神社にお参りするためでした。

寒さを危惧していましたが,日が射して風が無いので
予想外に暖かく感じられました。

鳥居前から見える富士山も,この日はばっちり

富士山と赤い鳥居の組合せは,なんとも「日本」を感じる風景ですね〜

そして,念願の大鳥居をくぐります。

朱塗りの鳥居も楼門も,本当に美しい。
境内の中もふんわりとした心地良い暖かさでした。

わくわくしながら楼門をくぐり,本殿へ。
ご挨拶と,参拝できた喜びをお伝えし,お願い事もしてしまいました。
盛りだくさんで厚かましいかな,と思ったけど,
とても気持ちが良かったので。


ゆっくり境内を散策し,湧玉池にも行きました。

きらきらしていて,とても美しかったです。
お水もいただいてきました。

とても心地良く,幸せな気持ちで参拝させていただけました。

境内を出てから,お宮横丁へ。
こちらでは,ご当地グルメの富士宮焼きそばをいただきました!

右がスタンダードな焼きそば,左がごま醤油だったかな?
富士宮焼きそばって麺が太めでモチモチなんですね〜
ちょっとソースも酸っぱい感じ?
確かにちょっと個性的です。美味しかった^^

面白かったのがお水。
コップを渡されて,「そこの水鉢から汲んでください」と(笑)

これも湧水なんですね〜
富士の霊水,飲み放題って感じです。

あちは旦那さんのお楽しみ,地ビールを買って,
富士宮駅に戻りました。



車窓の富士と内船の温泉

1233,富士宮駅から再び電車に乗り,次の目的地に向かいます。

さて,富士宮の次の駅,西富士宮を出てからすぐ,
富士山が車窓一杯に広がる絶景ポイントがあります。

前回はすそ野がぼんやりとしか見えなかったのですが,
今回は

午後から雲が増えてきて,上の方は雲がかかってしまい,残念!
でも前回よりはくっきりとした山容を見ることができました。
いつかはここからクリアな富士山を見てみたいですね〜!

手前の建物からぐーーーっと先まで広がっていく,
この奥行きがすごいんですよね。

身延線はここからも車窓の景色が素敵なのです。
富士山は沼久保駅を越えると見えなくなってきますが,
富士川沿いに走っているので,
川と,川沿いの緑,遠くの山々の風景が楽しめます。

そして富士宮から約50分,1322に内船駅に到着。
この駅,「うちぶね」かと思ったら,「うつぶな」なんですね^^;
日本語は奥が深い

で,この内船駅ですが,徒歩5分のところに
「なんぶの湯」という立ち寄り温泉施設があるのです。

身延線沿いは温泉地も多く,行ってみたいところがたくさんですが,
バスなどに乗らないと行けない,時間のかかるところが多いんです。
その中でここは駅からすぐと行きやすいので,こちらに決めました。

富士川沿いに立つ温泉施設です。
まだ新しいようで,広くて,綺麗でした。

さて肝心の温泉はというと,湯舟は広く,種類もいろいろ。
サウナもミストサウナもあるし,もちろん露天風呂も。

無色無臭のアルカリ性単純温泉ですが,一部源泉掛け流しとのこと。
湯温はぬるめですが,その分ゆっくりしっかりと浸かれます。

内湯露天ミストサウナ内湯最後に露天,
と思ったけれどやっぱり露天はちょっと寒かったので,
内湯でしっかり温まってから出ました。

温泉を出たのは15時過ぎだったけど,
山間なこともあってか,もう日が傾いている感じ。

内船駅から,1522の甲府行に乗りました。

ローカル線の景色を楽しみたいからと,
暗くならないうちに甲府に着くように時間設定した割に,
電車の中で爆睡してしまい,景色はほとんど楽しめずあせあせ(飛び散る汗)

すっかり日が落ちた1715,甲府に到着。

時間には余裕があったけど,
寒波の影響でダイヤが乱れたりしても面倒だし,
どっちみち甲府は西で凶方位だしで,
長居は無用とさくっと帰ることにしました。

とりあえず富士山は綺麗に見えたし。
浅間大社にもお参りできたし。
初めての温泉にも入れて,満足です

南西は今月以降はしばらく凶方位になってしまうので,
今のうちに行っておきたかったんです。
富士山の見え方はお天気次第だし,
けっしてパーフェクトではなかったけど,嬉しかったな。

身延線はやっぱりお気に入りの路線。
車窓の眺めも,距離も,沿線のスポットもばっちりで,またすぐ乗りたくなりそうです。



〔通常のJR運賃〕大宮→富士宮:3350円,富士宮→内船:500円,内船→南越谷:3670円,合計7520

〔最遠地までの乗車距離〕195q

 



△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ