2015年1月1日:元旦は塩竈神社へお参りに

■祝日/青春18きっぷ利用/二人旅

それは「常磐初日の出号」から始まった

2015年のお正月は,お座敷列車「常磐初日の出号」で,

太平洋側の初日の出を楽しんできました。

残念ながら,海上に厚い雲がかかっていて,海からの日の出は見られなかったけど,

お座敷列車で家からちょこっと詰めて持ってきたお節を肴に,

日本酒を飲みながらの旅は,面白かったです。


 

そして,初日の出号でいわき駅に到着したのが720

ここですんなり帰らないのが私たち。

いわき駅からさらに,青春18きっぷを使って北に移動。

(ちなみに「常磐初日の出号」は快速ですが全席グリーン指定席なので18きっぷは使えません)

 

まず,いわき駅から841発の磐越東線で郡山駅へ。

郡山駅1020着,1106発の東北本線で福島駅へ。

福島駅1154着,1200発の白石行乗車。

白石駅1234着,さらに1237発で仙台駅へ。

仙台駅1326着,そして1332発の仙石線に乗り換え…

14:00,本塩釜に到着しました。

塩竈神社に元旦参拝

はるばる元旦早々に塩竈まで来たのは,
もちろん,塩竈神社にお詣りするためです。

こちらには,2014年6月に,普通の(お得きっぷでない)旅行で夫婦でお参りして,
とても清々しくて気持ちの良いところだったので,また来てみたいと思っていました。


1日の深夜,「常磐初日の出号」に乗る前に,埼玉県大宮市の氷川神社にお参りしていたので,
初詣とはいえませんが,新年,日が昇ってから最初のお参りとなりました^


福島に入ってからはさすがの寒さで,
塩釜では雪もちらついていましたが,
風が無かったせいが不思議とあまり寒くなくて。

参道には出店もたくさん出て,とても賑やか。
ピーク時を過ぎているせいか,人出も少し落ち着いていたようです。

参道では,石段の下で規制,石段の真ん中でさらに規制し,
一度に登れる人数を制限していました。
石段の上では裏坂から来る人とも合流するので
待ち時間は結構ありましたが,
それでも並んでから30分くらいで境内に入れたと思います。

中もやっぱり混雑していましたが,
少しずつでもちゃんと進んでいくので,
思ったよりスムーズに参拝できました。

薄く雪をかぶった境内と,松島湾の眺めもきれいです。
もっと雪が積もることもあるでしょうし,
もしそうだったら来るのが難しかったかもしれません。

社務所では今年の干支のお守りの「きよらか守」をいただきました。
それと,今年の干支の土鈴も。

そしておみくじを引いたら,大吉でした!

「早朝にいわきについたら,もっと北の方までいけるよー
塩竈神社に初詣,とかできるんちゃう?」
という私の一言で,塩竈神社までいく計画が立ったのですが,
さすがに遠くて本当に行けるか不安だったけど,
無事に到着できて嬉しかったです。


帰りには御釜神社にもお参りすることができました。

それと,参道で宮城の酒蔵「一ノ蔵」の新春初蔵出しのお酒の試飲会&販売をしていたので,
純米吟醸酒を一本いただきました
干支の升付です^^

帰りは1625本塩釜発の電車で仙台へ,
そしてまた福島黒磯宇都宮大宮と乗り継いで,
23
11,大宮駅に到着。
帰りは一部にダイヤの乱れが出ていたようですが,
まったく影響を受けずに帰ることができました。

かなりぎりぎりな計画だったし,季節的に遅れがでやすい時期だったのに,
すべてスムーズにいったことが本当にありがたかったです。

一年の計が元旦にあるとしたら,
今年もこんな遠出することの多い一年になりそうです



〔通常のJR運賃〕いわき→本塩釜:4000円,本塩釜→大宮:5620円,合計9620

〔最遠地までの乗車距離〕337q


△電車族の旅 TOPへ  ▲HOMEへ