2015年10月13~16日:東北日本海側南下の旅〔初日〕

■平日/秋の乗り放題パス利用/二人旅

それはチケット選びから始まった


前から一度やってみたかった,
秋の乗り放題パス」を使った2泊3日の旅。

どうせ行くならちょっと遠くへ,
今まであまり行けなかった東北方面へ行ってみたいな,と。

それが,旦那さんの「4連休にしてもいいよ」との一言で
欲が出て3泊4日に延長。

4日あると「秋の乗り放題パス」では足りないから,
1日は新幹線か飛行機で遠距離高速移動で,
残り3日は「乗り放題パス」でゆっくり移動―

そういう計画が立ちました。

そうなると,もうちょっと遠くにいけるなー

あ,もしかして,青森までいける?
「リゾートしらかみ」乗れるかも?

とどんどん距離が伸びていき^^;

結局,片道は日本海沿岸路線を乗り放題パスで,
青森から(または青森まで)を新幹線で,というコース設定にしました。

で,行きが新幹線コースと帰りが新幹線コースの
両方を考えまして。

私としては帰路が新幹線の方が楽だろうと思ったけど,
旦那さん曰く,

「天気は南西から北東に向けて変わるから,
もし南西発だと,出発時に天気が悪いと
ずーっと雨雲と一緒に北東に移動することになるかも。
逆に北東から南西に向かえば,
どこかで天気が崩れても一時的になるはず」

との論理的な説明を受け,
行きは新幹線利用,
帰りは日本海沿岸を南下するコースを選ぶことになりました。

これがまあセオリー通りに行かないところが
ミソだったりするんですが^^;

かくして,行きは新幹線で大宮から新青森まで,
そして新青森から「リゾートしらかみ」に乗り
ウェスパ椿山で1泊。
翌日十二湖散策し,その後「リゾートしらかみ」で秋田へ,
そして秋田から山形県の鶴岡まで行って1泊。
そこからまた日本海沿岸をずーっと下って新潟で1泊。
最終日は新潟から上越線と高崎線で大宮へ…
という「東北ぐるっと左回りルート」ができました。

で。今度はチケットです。

最初の計画では,
新幹線は駅ねっとトクだ値25%オフ」チケットをとり,
新青森→ウェスパ椿山間は普通乗車券+指定席券
2日目以降は「秋の乗り放題パス」の予定でした。

※「リゾートしらかみ」は全席指定席ですが,
 快速なので乗り放題系チケットが使えます。
 (2015年10月時点)


ところが。

計画を決めるのに時間がかかり,
チケット手配が出遅れたおかげで,
「駅ねっとトクだ値25%オフ」チケットが,
なんと1枚しか取れなかったのです。

「駅ねっとトクだ値」は,25%オフだけではなく5%オフもあり,
こちらは結構取りやすいです。
(路線によって35%オフ,10%オフなどもあります)
ただし,「トクだ値」は特急券だけでなく乗車券込みの値段。
「トクだ値5%オフ」券+「新青森→ウェスパ椿山の乗車券」だと,
「大宮→ウェスパ椿山の通しの乗車券」+「通常の新幹線特急料金」
の方が安いのです。

さらに,よくよく調べてみると,
大宮発で,新青森から五能線経由で日本海を下って
新潟から上越線・高崎線で大宮に戻るコースなら,
通しで乗車券を作った方が,
秋の乗り放題パスを使うよりトータルで安くつくことが判明。

よって。

1人は「トクだ値25%オフ券」と「秋の乗り放題パス」
1人は通し乗車券と特急券

と,別々のチケットを使うことになりました。

ちなみにそれぞれの料金はというと。

(A) トクだ値25%オフ(大宮→新青森):12460円
  新青森→ウェスパ椿山乗車券:2270円
  リゾートしらかみ指定席券(2回分):1040円
  秋の乗り放題パス:7710円
  合計:23480円

(B) 大宮→大宮乗車券:16310円
  新幹線指定席特急券:6470円
  リゾートしらかみ指定席券(2回分):1040円
  合計:23820円

となり,(A)の方が340円だけおトクです。

…微妙^^;

もっと価格差があればともかく,
これくらいの差だと,どちらが得か考えちゃいますね。
(今回は先に「トクだ値25%オフ」を1枚だけとっていたので
二人別々になりましたが,選べるとしたら悩む)

どちらもチケットの特徴により一長一短があります。

秋の乗り放題パスは,
予定外の寄り道や,細かく行ったり戻ったりも可能です。
ただ,何かのトラブルで予定の電車に乗り遅れ,
次の特急なら目的地まで行ける!という場合,
特急料金だけでなく乗車券も別途必要になります。
はっきり言って,おトク分なんてすぐふっとびます。

通し乗車券は,
前進する場合のみ何度でも途中下車可能ですが,
来た路線を戻ったり,別路線に寄り道する場合は,
その分の往復料金が必要になります。
1駅2駅なら大したことないですが,
ちょっと距離があるとすぐ往復千円くらいになりますよね。
ただし,特急や新幹線には,特急料金の追加だけで乗れます。
前述のようなトラブルで特急に乗りたいとき,
体調を崩して新幹線で帰りたい…というようなときは
予定変更がしやすくなります。

言ってみれば,乗り放題パスは行動範囲の面で融通が利き,
通し乗車券は移動時間の面で融通が利くのです。

どっちがより適したチケットになるかは,
旅のルートや目的,時間的・経済的な余裕にもよりますが,
自由度を高めたいなら「乗り放題」系のチケット,
安全に旅したいなら通し乗車券かな,と思います。

さてそんな感じで,チケットの手配もなんとかできて。

3泊分の宿も押さえて。

いよいよ出発当日となりました。

キョウフーンの前に力尽きるも

当日は,普段の旅よりちょっと遅めの出発で,
10:46大宮発のはやぶさ13号に乗車しました。

旦那さんと私,チケットの種類は別々ですが,
両方とも「駅ねっと」で取ったので,
隣の座席になるよう指定しています。

新青森着は13:29なので,
昼食は車内で済ませようと,
大宮駅でお弁当を買って乗車。

時間になり,いよいよ出発!

新幹線でお弁当を食べ,
車内販売のコーヒーを飲んだりして,
のんびり過ごします。
なんといっても目的地は終点だから,
乗り過ごす心配もないし。

13:29,新青森駅に到着しました。


コンコースには不動明王様と
だるまりんごねぶた。


そうか,青森は「ねぶた」なんだと再確認。
弘前は「ねぷた」ですよね。

さて,乗り換えのリゾートしらかみは14:00発。

約30分あるので,いったん改札を出て,
駅ビルをうろうろしてみました。

リゾートしらかみの中で飲むビールやお酒,
おやつなどを見繕います。

旦那さんは地ビールを。
私は日本酒を。


弘前の三浦酒造さんの「豊盃」生貯蔵酒。
「豊盃」は数量限定なので一人一本で,
という注意書きがあったので,
そんなに人気なら,と思い買ってみました。

これ,日本酒大好きのminoriさんがお気に入りだったような…?
とふと思い出しました。
それならきっと,味は間違いなし(*^_^*)

そしてもう一つ,やっぱりminoriさんのブログでよく目にしていた
「田酒」の文字が!

残念ながら日本酒ではなかったけど,
「田酒餅」という田酒の酒粕を使ったお餅があったので
おやつに買いました^^


ここでの買い物は,基本的にお土産ではなく
電車内か今夜の宿で消費する予定のもの。
旅はこれから,
あまりたくさん買うと持ち歩くのが大変なので,
ほどほどに我慢して,お店を出ます。

駅の写真を撮ったり,マンホールを撮ったり。

(ねぶたマンホールさすが)

で。

写真でわかると思うんですが…
この日,全国的に好天だったにもかかわらず,
東北の北と日本海側だけ,雨だったんです^^;

予報でわかっていたので,
お天気については諦めてはいたんですが,
ちょうど日本海に沈む夕日がみられる時間帯に
リゾートしらかみで日本海沿岸を走っているはずだったので
ものすご~く残念ではありました。

しかしまあ,沿線の風景は楽しめるはず!

7年前に一度「リゾートしらかみ」に乗っている私,
今回は窓際のA席を旦那さんに譲って,
のんびりお酒を飲みながら楽しむ予定です。


やってきたリゾートしらかみは「青池」でした。
乗り込んで,いざ出発!


電車はいったん弘前へ,
そして川部まで戻り,五能線に入ります。
車窓にはたわわに実ったりんごの木がたくさん。

うわ~~~,青森!!!って感じです(←やや興奮)

(しかし疾走する車内から撮った写真はぼけぼけ)

しかしリゾートしらかみ,前回乗った時は
チケットとるのさえ一苦労だったのに
(かつて執念でA席を押えた顛末はこちら
上の写真のとおり,今回はガラガラ^^;
当日でも全然A席取れたようです。

時期?時間帯?みんなの熱が冷めちゃった?

単なるオフシーズンならいいんですが,
リゾートしらかみは沿線風景も乗り心地も良くて,
末永く存続して欲しい路線なので
この寂しい感じはちょっと残念だなー…

そして五所川原到着。


ここでトラブルが。

なんと,強風のため出発見合わせ

確かに外では叩きつけるような雨が。

五能線は思いっきり海沿いを走る路線,
強風には弱かろうとは想像がつきますが,
まさか台風でもない時期にそんな風が吹くとは

予測していなかった( ̄□ ̄;)

まあ。
そうはいっても。
落胆しても動かないものは動かないんで。

とりあえず,「酒でも飲むか!」と
ビールとお酒飲んで,田酒餅食べて,
いかせんべい食って,プチ宴会。
「豊盃」うま~い!!
生酒だからというものあるのでしょうが,
香りが良くて口当たりも滑らかで美味し~

(ちょっと風雨が収まったスキにホームで撮影)

津軽鉄道のホームも見えます。
あれも乗ってみたいなー

20分ほど停車していたでしょうか。
「風が弱まってきたので出発します」という案内がありました。

しかし

「強風のため深浦~鰺ヶ沢間は運行中止となります」
「この電車は鰺ヶ沢までとなります」

とのアナウンスが!!\(◎o◎)/

ぎえ~~~,残念!
せっかく取ったリゾートしらかみA席が(大泣)

ちなみに,五能線にはこんな戦隊ヒーロー風キャラ
リゾートしらかみ3兄弟」がいるのですが…

(左から,くまげらレッド,あおいけブルー,ぶなグリーン)

かれらにはライバルキャラがいて,その名も
キョウフーン(強風)とエッパー(越波)

だそうです(画像はこちらで見れます)

今回はキョウフーンとエッパーの猛攻に押されたもよう…orz

しかし鰺ヶ沢から先は代替バスが出るそうで,
どうにか宿泊予定のウェスパ椿山まではたどり着けることに。

約30分遅れで鰺ヶ沢に到着。
すでに駅前に待機していた代替バスに乗りました。

バスのルートは不明だったけど,
一応旦那さんに,海側の座席に座ってもらいました。

この時点で雨は止んでいて,
西の空の雲が大分切れていたんです。
もし海沿いを走るなら,少しは夕日が見れるかも?
という淡い期待を抱いて…

と。

しばらくすると,海沿いの道に出ました。

グーグルマップで調べてみると,
道はほぼ五能線に並走しているんですね!!

そして待望の夕日も…

こんな感じで!!

雲の切れ間から,顔を出しました!!

ばっちりクリアな夕日ではないけど,
複雑な雲の照り返しが神秘的で奇麗です!
バスの窓があまりきれいじゃないのが残念だけど^^;


日本海の絶景も,沈みゆく夕日も,
ちゃんと見ることができました!

もう,きっと無理だろうと思っていたので,
本当に嬉しかったです。


そしてウェスパ椿山駅に到着。

代替バスだとだいぶ遅れるかな,と思ったけど,
所用時間は電車とほぼ変わらないようで,
予定より30分ほどの遅れで到着しました。

コテージでリラックス

この日のお宿,ウェスパ椿山
通常のホテルではなく,コテージ一棟貸が中心の,リゾート施設です。

ゲストハウスという平屋建ての建物もあり,
ここには6畳和室など3室がありますが,
宿泊棟の中心はコテージです。

名前の通り,ウェスパ椿山駅の目の前…
というか,駅も含めて「ウェスパ椿山」というひとつの施設のようです。

日も落ちて,随分寒くなっていたので,
さくさくとチェックインの手続きを。

実は今回,最初に予約をしたときは,
ゲストハウスの6畳和室しか空いてなかったんです。
(予約は「じゃらん」を通じて行いました)

というより,津軽半島西海岸地域一帯が,
この日はホテルの空きが本当に少なかったんです。
団体予約が入っていたのか,ツアーで押えられていたのか…

当初はとりあえず6畳和室を押さえていたんですが,
10月に入ってまた「じゃらん」を見てみると,
コテージにいくつか空きが出ていて。

和室は安いけど,ちょっと落ち着かない感じがしていたし,
2泊目の鶴岡の温泉が,「ふるさと割」のおかげで
とてもお得に泊まれることになったこともあって,
和室より2000円(/1人)高くなるコテージを取り直しました。

でもやっぱりコテージにして正解!

だって,あまりコテージに泊まるっていうことがないんですもん(*^o^*)
うちは車がないし,
アウトドア好きの友達とかもいないから,
キャンプに行くこともないし。

2階建てのコテージが嬉しくて,
何度も無駄に1階2階を行ったり来たり。


こちらはリビング(右の写真は階段から撮ったもの)。
キッチンはある程度の調理ができる設備が整っています。

1階の寝室。


コテージは4人用と6人用があるのですが,
今回は6人用の棟だったので,
寝室が3つ,ベッドが6つありました。

テレビ付の寝室は1階でしたが,
2階で寝るという普段はできない体験をしたくて,2階の寝室を使いました。

ひろびろスペースを使えて,楽しかった。

今回は朝食のみのプランにしたので,
夕食は施設内のレストランでいただきました。

左は私の「ふかうら海鮮丼」。
右が旦那さんの「鮭のチャンチャン焼御膳」です。


チャンチャン焼き,少し食べさせてもらったけど,
出汁が美味しかったですねー^^


おいしくいただいた後はお風呂へ。

こちらの展望風呂は源泉掛け流しの天然温泉。
日中であれば絶景の日本海を眼下に見ながらお風呂に入れます。
ドーム式の窓は開閉式になっていて,
4~10月の天気の良い日は窓が開いて露天風呂になるそうです。

私たちがお風呂に入った時にはすでに真っ暗だったので
窓は閉まっていたし,外は何も見えませんでした。

泉質は「含鉄(2)-ナトリウム塩化物強塩泉」だそうです(HPより)。
お湯はかなり塩辛くて,濃い温泉という感じ。
(飲泉は出来ませんが,ちょっと唇についたのを舐めてみました)
ほんと,海水か,というくらい塩辛く感じました。

長時間の乗車で疲れた身体を,
温泉で気持ちよ~くほぐせました。

その後はお部屋でゆっくり晩酌タイム。

新青森駅で買ったお酒と,
食事に行く前に物産館で買っておいたおつまみで
青森の味を楽しみました。
(何気にイカせんべいがめっちゃ美味しかった)

食事もお風呂も普段の生活より早かったので,
11時頃には眠たくなってしまい,
この日は早々に沈没しまいました。

〔タイムスケジュール(初日)〕

 10:46 大宮駅 発
  ↓   やはぶさ13号【昼食】
 13:29 新青森 着
 14:00 新青森 発 
  ↓   リゾートしらかみ
 16:53 ウェスパ椿山駅 着
   ※実際には強風のため,鰺ヶ沢止まり。以降は代替バスに乗車。17:30頃到着。
    ウェスパ椿山 泊


⇒「東北日本海側南下の旅」2日目へ

▲電車族の旅TOPへ    △HOMEへ