2015年10月13~16日:東北日本海側南下の旅〔4日目〕

■平日/秋の乗り放題パス利用/二人旅

最後の朝もしっかりごはん

3泊4日の旅もいよいよ最終日。

今日は急ぐ用事がないのでゆっくり起きて,
8時頃から朝ご飯に行きました。

朝ご飯は1階の居酒屋「魚沼釜蔵」でバイキング。

ごはんは新潟のコシヒカリってことで,
ごはんに合う和食のおかずがいっぱい。
洋食もあったけど,ここではやっぱりご飯でしょ。

さすがに新潟のお米,つやつやで甘くて美味しかった~
またしても朝からお腹いっぱいです。

部屋に戻って一部の荷物を自宅に送る手配をして,
のんびり,10時すぎにチェックアウトしました。

ホテルに荷物を預かってもらって,市内観光に出かけます!

ばかうけ展望台は突き抜けてた

新潟はなんだかんだで今年3回目。

1回目は3月に村上の町家雛めぐりを見に。
2回目は8月の長岡の花火大会。
そんで今回3回目は,脚を伸ばす時間はないので
新潟市内をちょろっと見てみることにしました。

朱鷺メッセ方面行のバスに乗り…


向かったのは朱鷺メッセのBefcoばかうけ展望台です!!!

この思い切った名前がすごくいい!^^
(思うに,多少抵抗のある方もおられたのではないかと…)

もともと「朱鷺メッセ展望台」だったそうですが,
ネーミングライツでこの名前になったそうです。
名前のとおり,「ばかうけ」の限定商品なども売ってます。

すっごいおしゃれな展望ルームです。

高さ125m,市内で一番高い建物だそうで,
ぐる~り市内が見渡せます!

海の向こうに薄っすら見える島は佐渡島。

4日間,毎日見ていた日本海も,
これでしばし見納めです。


こちらはスカイラウンジパノラマ。


いいな~
やっぱりやるならしっかりやらないとね!って感じ。
ちなみにこのキャラは「バリン」(女)と「ボリン」(男)。

そしてここでは,「ばかうけソフト」なるものが食べられます。

安田ピュアソフトクリームにばかうけが刺さっている。


ちなみにかかっているソースはチョコレートではなく,
甘辛い醤油味。みたらしだんごのタレみたいな。
ばかうけはチーズ味です。

ソフトが濃厚で,タレとも合いますよ。美味しい。
しかも,ばかうけは刺さっているだけでなく,
底にも敷いてあるんです!
ひんやり,ちょっとしっとりしてます。

うーん,遊び心がいいわ~♪

それから地上に降りて,近辺をお散歩。

ここでも街路樹が水分色づいています。

オブジェがありました。

どうみても米だろうと思ったのですが,
「天秘」というタイトルがついていました。

川を渡って,新潟市歴史博物館みなとぴあまで歩きました。
(外から見ただけ)

この辺りは絶好のお散歩コースですね。

川沿いに,なにやらオブジェ発見。

What's NIIGATA

新潟出身の漫画化・小林まことさんの
「What's michael?」にかけてるんですね。
ちょっと見えにくいけど,Tのところにマイケルが。


巨大マイケルと握手できます。


対岸に見える朱鷺メッセ,かっこいい。

締めくくりはやっぱり海の幸


ぶらぶら散歩しているうちに,お昼の時間になったので。
ピアBandaiまで歩いて,こちらでご飯。


回転寿司「佐渡弁慶」さん。有名店です。

実は3月にも,村上の帰りに立ち寄ったんですが,
待っている人が多くて入れなかった…
今回,リベンジしようと,時間に余裕をもってきました。

3組ほど待っていたけど,
さすが回転寿司だけあって回転が早く,
すぐ席に着けました。

ここでも,混んでいたのと写真とる雰囲気じゃなくて…

お値段130円から,高くても518円で,
思ったよりリーズナブルでした。

大トロやノドグロの炙りなどの518円ものはもちろん,
130円の天然ブリやサーモンなども,美味しい♪

赤エビ,うに,とびっこ,大トロたたきなど,
あんまりお腹は空いていなかったのに,
次々食べてしまいました。

は~,満足満腹です。

あとはもう,そんなに時間も残っていなかったので。

ピアbandaiのお店を少し覗いて,
またバスで新潟駅に戻り。
最後のお土産を買いこんで,
ホテルで荷物を受け取って,
15:22の信越本線に乗り,帰途に着きました。

いよいよ旅の終わり


最終日は新潟のお米,海の幸,お酒,(とばかうけ)
しっっっかり,楽しみました!

帰りも普通電車利用なので乗継は多いんですが,
意外と接続がいいいので,
6時間弱で大宮まで着いちゃうんですよね。

長岡からの(正確には宮内からですが)上越線は
ちょうど学生の帰宅時間に重なったのでちょっと混みましたが,
30分もすると空いてきて,余裕で座れました。

お気に入りの上越線の景色を見ながらうとうとして。
すでに真っ暗な水上駅で乗り換え。
高崎駅での乗り換えもスムーズ。

トラブルなく大宮駅まで戻ってくることができました。

一度やってみたかった,毎日列車を乗り継ぐ旅。
一箇所一箇所での滞在時間は短くなってしまったけど,
いろいろ,面白いものが見られたし,
だいたいの地理的な感覚はつかめたし,
またゆっくり滞在してみたいところもたくさん発見できました。

ずばーっと飛行機や新幹線で一気に快適に行く旅も素敵ですが,
のんびり電車で1つ1つ,道のりを確かめながら進むような旅もまた,楽しいです。

どちらの旅も楽しんで,またたくさんの「素敵」を発見したいと
改めて感じた旅でした。


〔タイムテーブル(4日目:帰路)〕

 15:22 新潟駅 発 
  ↓  
 16:25 長岡駅 着 
 16:32 長岡駅 発 
  ↓  
 18:30 水上駅 着 
 18:35 水上駅 発 
  ↓  
 19:37 高崎駅 着 
 19:46 高崎駅 発 
  ↓  
 21:08 大宮駅 着 


⇒東北日本海側南下の旅〔3日目〕へ

▲電車族の旅TOPへ    △HOMEへ