熊野古道 紀伊路 本文へジャンプ

【紀伊路】天満橋〜住吉大社

 2011年5月7日 / 晴 / 1人 

 ひたすら街中を歩くので,少々面白味に欠けますが,あちこちに残る歴史の足跡をみる楽しみもあります。
 アスファルト道が続くので,スニーカーがおすすめです。
 夏場は暑さに注意!

始まりの天満橋

熊野古道紀伊路を歩く旅は,京阪電車の「天満橋」駅を出たところからスタートしました。

京阪または地下鉄「天満橋」駅。
地下には下りず,2番出口の表示のある出口から出ると,
目の前が「土佐堀通り」という大きな通りです。

この土佐堀通りを渡り,向かいの歩道を右(西方向)に歩くと,
「八軒家船着場の跡」の石碑が置かれている
昆布処「成田屋」さんがあります。


いよいよ熊野古道歩きがスタートです!

このまま西にまっすぐ行くと,熊野街道の大きな石標が。


ここを左(南)に曲がれば,今では御祓筋と呼ばれる,
昔の熊野街道と比定されている道を歩くことができます。

しかしまず最初は,もう一筋西に向かい,
第一の王子,窪津王子跡と言われる坐摩神社御旅所へ参拝しました。

第一の王子跡:窪津王子


都会のど真ん中のビル街にひっそり佇む神社は,
周囲の雑踏とは別世界の,しんと静かな聖域でした。

心を引き締めてお参りし,
これから熊野古道(街道)を歩かせて頂くご挨拶と,
旅の安全をお願いしてきました。

そして御祓筋に戻り,熊野街道を歩き始めました。


こんなふうに,しばらく緩い上り坂が続きます。
ご覧の通りの,ごく普通の都会の道。
これが遠く熊野まで歩く道だったなんて,
知らないで歩いている人もたくさんいるでしょう。

ところどころに置かれているこの石柱が,わずかな名残を残すのみです。


第二の王子:坂口王子


さて,1キロほどで第二の王子・坂口王子跡のある南大江公園へ到着。

住宅街の中ですが結構大きな公園で,
子供たちや家族連れが思い思いに遊んでいます。

その公園の片隅,緑に囲まれた一角に朱い鳥居が。


そばには「朝日神明社跡(坂口王子伝承地)」と書かれた説明板があります。
かなり新しい感じがしたので,
最近こういった史跡が見直されてきているのかもしれません。


都心部の公園にひっそりと残された神社跡。
おそらくこの地域の開発の中,
いつ姿を消してもおかしくなかったのだろうな…
と思うと,土地に根差した信仰の力ってすごいのだと思います。

こちらでも手を合わせてご挨拶させて頂きました。

さて,御祓い筋に戻り,さらに南に歩きます。

榎木大明神

やがて見えてきたのが路上にそびえる大きな木と,
その前の小さな赤いお社。


街中に大事に残された小さな聖域,といった雰囲気があります。

こちらは地元の方に「榎木大明神」として親しまれている大木で,
樹齢650年と言われています。
「榎(えのき)」といいつつ,実は「槐(えんじゅ)」なのだそうです。

説明板によると,この辺りは熊野参りとお伊勢参りの街道筋で,
目印として親しまれており,地元の方が祠を建て,
大事にお守りしてきた木だということ。

私も旅の安全をお願いしてきました。

ちなみにこの近くには,車道のど真ん中,
中央分離帯に大きな木と白い鳥居が立つ「楠木大明神」もあります。

榎木大明神の手前で東に折れて,少し歩くと,
「熊野街道」の石柱が見えるので,そこで右折し,再び南下。


ここからしばらくは「熊野街道」の石碑をたくさん見ることができます。
それぞれ,八軒家浜からの距離が示されているので,
オリエンテーリングみたいで歩いていて楽しい。


この辺りには第三王子の郡戸王子を合祀している
高津神社があるはずなのですが,
ちょっと地図がわかりにくく,
うろうろしているうちに結構時間がたってしまったので
残念ながらパス。

同じく第四王子の上野王子も,
ルートを少し外れているのでパスしました。
この二つは後日まとめてリベンジしたいと思います。

四天王寺へ


さらに歩いて,四天王寺前夕陽丘の駅を過ぎ,
四天王寺に入ります。

四天王寺は,かの聖徳太子が建立したとされる,
なんと593年創建と伝えられる歴史あるお寺です。
お寺ということもあり,熊野信仰とのご縁が薄いようにも思われますが,
こちらの南大門前には「熊野権現禮拝石」が置かれているのです。


横の説明書きによると,
「往古より熊野詣にはまずこの場所にて熊野権現を礼拝し
道中の安全を祈り熊野古道を南に向いました」
とのこと。

目の前の赤い門は南大門。
この門の先は南方向で,熊野に向かっているそうです。
(どれくらいの精度かはわかりませんが…)
ここでも,熊野に向かって手を合わせてきました。

いつかこの道を歩いてそこに到着できるよう,願いを込めて。

四天王寺自体も広くて見どころの多いお寺ですが,
あまり時間もなかったので,
金堂でご挨拶をして,四天王寺を後にしました。

天王寺からさらに先へ


四天王寺を南大門から出てさらに南下すると,
やがて人通りも多い街中に出ます。

天王寺駅近辺です。

大阪の中でも,JR,地下鉄,近鉄などの駅が集中する,繁華街の1つ。
しかもこの日は新しくできた大型ショッピングモールの開業後すぐだったので,
それはもう随分な人出で,警察も誘導に立っていました。

そんな中,ラフなTシャツとジーンズでリュック背負ってるのは,
まあ,私くらいのもんでした^^;

阿部野筋商店街のアーケードをしばらく歩くと,
だんだん人通りが落ち着いて来ました。
昔懐かしい古い商店街の中,
ようやく自分が周囲になじんだような気がしました。


ちなみに道路の真ん中を走る線路は阪堺電軌(路面電車)の線路。
それだけでも,なぜかレトロな気分になります。
路上にあるのはこんな駅。


松虫駅の少し手前で,脇道に入ります。
住宅街の中の,やや狭い道を通りますが,
ここはれっきとした熊野街道。

しばらく途絶えていた石柱がまたお目見えです。


ですが,良く見ると先程までとちょっと違う石柱です。
「かいどう」とひらがな表記。距離表記の仕方も違う。
形もごつごつと,年季が入っている感じです。
こちらの方が古くから置かれているような感じですね。

どういう事情で違うものが置かれているのかはわかりませんが…

安倍清明神社と阿部王子


さて,住宅街の中を引き続き歩くと,
やがて安倍晴明神社が見えてきます。


陰陽師・安倍晴明の生誕の地と言われるところです。
こじんまりとしていますが,占いコーナーなんかもあって,
なんだかにぎやかな雰囲気です。
一時期の晴明ブームで人気が出たのでしょうね。

そしてまた石柱が。


すぐ先に,大阪府下で唯一現存している王子社・阿倍王子神社が現れます。


ほとんどが石碑のみの「跡」と化している王子社の中,
しっかりと現在も神社として親しまれているのがすごい。

中は予想以上に広く,大きな楠木が何本もあり,
拝殿も立派なもの。

実はこの時点で4時を回っていたので,
ご挨拶しようかどうしようか迷ったのですが…

なぜだかとてもきらきらしていて,
気持ちの良い感じがしたのと,
なかなかここまで来ることはないことから,
ご挨拶して行くことにしました。

境内の中でおもいっきり深呼吸。
気持ちの良い空気を感じながら,お参りさせて頂きました。

それにしても。

「安倍」晴明に「阿倍」王子神社。
こんな近所で微妙な違いってなんなんでしょう?
考えてみれば「あべ」さんは,漢字の種類が多くて大変ですね

阿倍・阿倍・安倍・安部…

割とよく聞くお名前なのに,意外と正確に書いてもらえないのかもしれません^^; 

万代池

いったん路面電車の走る道へ出て,
もう一度住宅街の方に入りしばらく歩くと,
万代池の横を抜けます。


きれいな噴水のある大きな池で,
地域の人の憩いの場となっているようです。

聖徳太子(!)が曼荼羅教を上げて池の魔物を鎮めた,
という言い伝えがあるそうですから,
ずいぶんと古くからの歴史のある池ですよね。

桜の季節はきっとすごく綺麗だろうな。

さあ,もう少し頑張れば本日の最終目的地に到着。

地図を頼りに住宅街を歩くと,また石標発見!


どうにか「熊野街道」を外さずに歩いていたようです

住吉大社へ到着

住宅地図の看板を見て,道を確認しつつ,
ようやく本日のゴール,住吉大社に到着しました。

住吉大社にお参りしていきたい気持ちもあったのですが,
時間が遅いのでこの日はおあずけ。

次回は住吉大社から出発するので,
その時にお参りさせていただくことにして,
南海電車の住吉大社駅から帰途につきました。


■アクセス
京阪電車または大阪市営地下鉄谷町線「天満橋」下車
■使用地図
『熊野古道を歩く旅』
『熊野古道を歩く』
■歩行距離/歩行時間
約12.7q / 約3時間 (携帯アプリによる実測)
■トイレ
街中を歩くので, 駅のほか,コンビニ,ビル,お店など多数あり。
■飲食店等
よりどり見取り。